FC2ブログ







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どうしようもない変態舐め犬です。よろしくです。


ペロのブログにお越しいただき有難うございます。


名古屋の舐め犬ペロこと、ペロ・エドワード4世と申します。


このブログにお越しいただいた方にちょっとだけペロのことを

知ってもらいたくて、簡単にペロのことを書かせて頂きました。


ペロのことをたくさん知って、立派なペロマニアになってくださいね。




続きを読む前にポチっとブログの応援よろしくお願いします
⇒ 




ペロは転勤族でありまして、ほんの1か月前に

横浜から名古屋へ引っ越してきたばかり。


横浜の前は札幌に、さらにその前は東京にすんでいました。


すべて会社都合の転勤で、1年に一回以上のペースで

引っ越しを繰り返しております。


趣味はバイクとギターですが、どちらも最近始めたような感じです。


20代半ばまでは1日のほとんどの時間を仕事に費やしていて

仕事以外は食べるか、寝るだけの生活でした。



その時のペロは仕事が何よりも自分にとって楽しいことだったので

苦ではありませんでしたが、やはりそれではいけないと思い

無理やり趣味を持とうと思ったのが始めたきっかけですね。



今ではクンニが一番! 趣味が二番!

仕事は三番・・・になり下がってしまいました(笑)



ここ最近は

「大好きなクンニが仕事になればいいのに」

とおバカな妄想ばかりしてます。



自分で自分自身が舐め犬の素質を持っていることに気付かされたのは

東京で4人目の彼女と付き合い始めたときでした。



それまでは、どノーマルな男の子だと思っていただけに

自分にこんなマニアックなオプションがついていたことに

かなりのショックを受けたことを覚えています。



舐め犬デビューは5年ほど前、その時はまだ札幌に住んでおりました。



東京から札幌に転勤となったことを機に彼女と別れたのですが


札幌での生活も慣れてきたころに

舐め犬関係のコミュニティの存在を知ってしまい

そこで初めて舐め犬の世界へと足を踏み入れました。


(このあたりの話はまたじっくりとお話しさせて頂きますね。)



そこで何人かのご主人様にお世話になりましたが

どのご主人様との経験もペロにとっては日常からは考えられない

ほどの刺激を頂き、今でも思い返すだけで胸やおてぃんてぃんが熱くなります。



ずっと自分の変態的な性癖に劣等感を感じていたペロでしたが

今では舐め犬界のエリートだと思っています。



三度の飯より大好きなクンニを思う存分味あわせていただきながらも

その行為がご主人様を癒してあげられることになるなんて


こんな幸せなことはありません。


ペロはこれからもずっと舐め犬として生きていきたいと思います。



もし、こんなペロに少しでも興味を持って頂けたらお気軽にご連絡下さい。

従順な舐め犬としてあなたを癒すために、あなたの喜びのために

ペロのお口は使っていこうと思います。



最後まで読んでいただきありがとうございました!


これからもペロをよろしくお願い致します!







このブログではあなた様からのメッセージをお待ちしております。

ちょっとした感想から、クンニの相談まで

お気軽にお問合せ下さいね☆

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[ 2012/08/01 00:44 ] あいさつ | TB(0) | CM(15)

家電量販店販売員のSioさんとの初回ご奉仕 Pert1


8月に入り暑さもピークを迎えてきましたが

皆さん体長は崩されてないでしょうか。



連日ニュースなどでも熱中症で倒れる方が続出しておりますので

こまめに水分や塩分を取り脱水症状にならぬようお気を付け下さい。



それにしても名古屋は本当に暑いです。

真っ昼間に外に出ると本当に溶けてしまうかと思うくらい。


そんな過酷な暑さの中でも


『この暑さの中、汗でムレムレになったアソコを
              思いっきりクンニしたい!』


『ご主人様の汗や溜まった分泌物を全部!
          この口と舌で拭き取ってあげたい!』



と妄想してしまう筋金入りの舐め犬ペロなのでした。




さて、本日からいよいよ体験談をお届けしていきたいと思います。

記念すべき第1回目の体験談は横浜時代にお世話になった

某家電量販店で販売をされているSioさんというとってもキュートな方


この方には、何度もペロを使って頂き

ペロが横浜にいた間、ペロのご主人様として

クンニ奉仕をさせて頂いた方になります。



今回はSioさんとの初めてのクンニ奉仕の時の話・・・。




続きを読む前にポチっとブログの応援よろしくお願いします
⇒ 






Sioさんとの出会いは某フェチ系の掲示板

その掲示板で唯一メール交換をして頂いた女性がSioさんでした。


メール交換を始めたばかりの時は、ただお互いの性癖をぶちまけたり


「今日はこんな妄想をした」

だとか


「クンニはこうじゃなきゃ!」

だとか


時には職場の愚痴や相談に乗ったりなど


ちょっとだけHな妄想をぶちまけている

何気ないメール交換をするだけの仲でした。



そんなメールが1か月ほど続いたくらいの時

いまぐらいの夏でしたね。



メールボックスを確認するとSioさんから2通のメールが届いていました。

(その時はまだyahooのメールだけでやりとりしておりました)


1通目はその日あった職場での出来事に関する悩みと最後に


「あー!クンニされてえ!」


との心の声(笑)



2通目はと言うと・・・


「・・・なんか、我慢するのめんどいから会っちゃう?(笑)・・・」


一行だけの短文メールでした。



メールを読んだ直後はとてもビックリして戸惑いましたが

激しい緊張と期待を抱きながらペロはSioさんと会うことにしました。





その週の金曜日の午後10時過ぎ


待ち合わせは横浜駅


極度な緊張の為か辺りをフラフラと歩きながら

あらかじめ伝え合ったお互いの服装の特徴を目印に

Sioさんを探していたことを覚えております。


必死で通り過ぎる人々を目で追っていましたが

どうやら、Sioさんの方がペロを見つける方が早かったみたいです。



「えっと、ペロくん?」



振り向くと目に飛び込んできたのは長身でスレンダーなシルエット

顔はとってもキュートな井上真央似の女性が立っていました。



『あ、はいSioさん?』


「うん。どうもー。」


「なんか、今日からいきなり暑くなったよね」



『はは、そうだね。』


『暑いからズボン履いてくるべきかどうか5分くらい悩んだよ』


「いや、それは履く決断下そうよ!1秒で(笑)」



その時の会話の内容はもちろん覚えていませんが

こんな感じで緊張を冗談で紛らわしながら

軽い挨拶を終え約束していた居酒屋に向かいました。









次回の記事に続く・・・
[ 2012/08/02 01:28 ] ご奉仕日記 | TB(0) | CM(0)

家電量販店販売員のSioさんとの初回ご奉仕 Pert2


名古屋の舐め犬、ペロの日記ブログへようこそ。


このブログでは皆様からのお便りを随時お待ちしております。

お気軽に右上のボタンからお問い合わせくださいね。



今年の夏の一番の話題といえばやはりロンドンオリンピック。


このロンドンオリンピックですが、2大会ぶりに女子の出場選手が

男子よりも上回った女性上位の大会なのだそうです。



ペロは女性上位よりも顔面騎乗の方が1億7200万倍ほど

興奮するのですが


やはりスポーツの世界で活躍されている女性って素敵ですよね。



マラソンで汗を流す選手を見ていると

走り終わった後のその汗だくの躰を

まんべんなく舐め拭いてあげたいという衝動に駆られます。



ビーチバレーのハーフタイムに選手様に休憩用の椅子として

そのままの格好で思いっきり顔面に乗られたりしたら・・・。


それだけで神聖なビーチを一瞬で汚してしまう自信があります。



もしペロが女子競泳の応援に行ったら


試合後に女子選手の躰に密着していたその水着を

おみやげに記念によこせと抗議しにいきますね。



とにかく、「日本がんばれ!」と願って止まない今日この頃なのです。



さて、本日は前回の記事の続きとなります。


お世話になったご主人様にできるだけ迷惑にならないように


そして、できるだけ失礼の無いようにとブログを更新しておりますが

元々文章をまとめたり、作ったりするのが遅いため

どうしても更新が遅くなってしまうのが申し訳ないです。


できるだけこまめに更新するように頑張りますので

今後も見てやってくれると嬉しく思います。



また、このブログではあなた様からのメッセージをお待ちしております。

ちょっとした感想から、クンニの相談までお気軽にお問合せ下さいね☆

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら




続きを読む前にポチっとブログの応援よろしくお願いします
⇒ 






軽い挨拶を交わした後は予め予約をしてあった

ちょっとおしゃれな居酒屋に向かいました。


そのお店の名前をSioさんに伝えたところ一度行ったことが

あるお店だったようで逆に案内してもらうような形で一緒にお店へ。


わざとSioさんのちょっと斜め後ろを着いていきながら

そのモデルのようなスタイルに見とれておりました。



本当にこのSioさんですが、スタイルが良くて背が高いです・・・

身長は、もしかして同じくらい?? いや負けているかも・・・。


あとから本人に聞いた話ですとSioさんの身長は172ほどとのこと



完全に負けておりました(;;)


まぁ身長の低いペロが悪いんですけどね。



そんなスラっとした身長の女性と並んでいることの劣等感から逃げるように

少し歩調を早め、急いで居酒屋へと駆け込みました。


その日のSioさんの服装はパンツスタイルのスーツ姿


仕事場からそのまま直行してきたとのこと。


年齢は23歳とのことでしたがスラっと伸びた身長のせいか

もう少し大人びて見えました。


それでもSioさんのとても気さくな人柄のおかげで

まったく話題に困ることも無く、会話も弾みました。



お互いお酒が強いわけではなかったためその日は料理と会話がメイン。


お互いの仕事の話や世間話や時折変態話も織り交ぜながら

楽しい時間が過ぎていきました。


あまり強くないお酒をお互いに2杯ほど飲んだくらいの時に。

どちらからともなく



さて、そろそろホテルへ行きますか・・・。



といった雰囲気になりました。


実は会うことが決まってからはお互いの願望をぶちまけ合いながら

当日の打ち合わせをしており、会う前からこうなることは決まっていたんですけどね。



お腹も膨れた二人はそれぞれ自分の携帯で近くのホテルを探すことに



「あっ、これいいかも!」



Sioさんが選んだそのホテルに会計を済ませてから向かいました。



「ラブホ久しぶり―」


目的地について早々にはしゃぐSioさんを見ていると

これまでずっと言いたかった言葉が自然と出てしまいました。


『Sioさん、かわいいなぁ・・・。はやく舐めたい。』



「ありがとう。ペロくんもかわいいよ。もう舐めちゃう?」




そういいながらSioさんソファに座りながら「おいで」のポーズ。


ペロは素直にSioさんの方へと近づき、犬がご主人様の匂いを嗅ぐように

Sioさんの顔にペロの顔を近づけました。



Sioさんは“おいで”のポーズをしていた手をそのままペロの

首にかけようとしますがペロはそれをかいくぐり

Sioさんの股間にいきなり顔をうずめました。



「あはは・・ん!」



笑い声なのかなんなのか良くわからない声を上げるSioさん。


そして、ペロは自分の顔全体を使ってSioさんのアソコを

マッサージをするように優しく動かし、時折強く息を吸い込んで

Sioさんの匂いをたっぷりとペロの中に取り込みました。



Sioさんはただ静かに目を閉じてペロの行為を受け入れてくれています。


徐々に顔を奥まで、強く圧迫しながら匂いをかぐと

かすかに ぉしっこの匂いがしました。



《ああ、Sioさんの ぉしっこの匂い・・・》


《ペロの舌で舐めて綺麗にしてあげたい・・・》



その衝動を抑えきれなくなり、ペロはSioさんのパンツの

ファスナーの上にあるボタンに唇をひっかけ

口だけでボタンを外そうとしました。









次回の記事に続く
[ 2012/08/03 00:50 ] ご奉仕日記 | TB(0) | CM(0)

家電量販店販売員のSioさんとの初回ご奉仕 Pert3


名古屋の舐め犬、ペロの日記ブログへようこそ。


今日でブログを初めてから1週間が経ちました。


まだ、たった1週間なので、たぶんきっとこのブログを読んで

くれている人はあなた以外にはあまりいないかも知れません。


何かの縁でこのブログに来て頂いたあなたには

心から感謝をしております。



ダメダメな文章でイライラさせてしまうこともあるかも知れませんが

このブログをきっかけに舐め犬の世界を少しでも知ってもらえたら

とてもうれしく思います。


そして、もし万が一、次の更新も見てみたいと思われましたら

ちょっと勇気を出してコメントを頂けると嬉しいです。


それが、舐め犬としてこの世に生を受けたペロにとって

何よりの励みになります。

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら



どうか、これからも舐め犬ペロのブログをよろしくお願いいたします。



さて、本日も前回の記事の続きとなります。



文章を作るのが遅くて読んでいただいている皆様には

待たせてばかりで本当に申し訳ありません。


できるだけこまめに更新をしていきますので

ちょくちょく、覗きに来て頂けると嬉しいです。



それでは、前回の記事の続きをどうぞ。



続きを読む前にポチっとブログの応援よろしくお願いします
⇒ 






色々と試行錯誤して口だけでボタンをはずそうと試みますが

なかなかはずれてはくれません。


我慢しきれずそっとボタンの部分に手を添えると

Sioさんの手がペロの手を制止しました。



「こら!ダメでしょ」



いきなりおあずけを食らい戸惑うペロ。



『え? あ・・・ゴメンなさい。がまんできなくて・・・。』



ペロがそう言い終わる前にSioさんはいたずらっぽくこう言いました。




「ふふ、ペロくん。犬でしょ?」


「犬なのに手なんか使っちゃダメじゃん(笑)」




《なるほど、そっちのダメ出しですか。》



そういいながらSioさんは立ち上がり自身の手でボタンを外し

パンツの腰の部分に手をかけスーッっと下までおろしました。




ようやく、Sioさんの下着姿が目の前に・・・。



《ん?》



待ち侘びていたその光景の中にある異変に気付きました。



《ん?この下着なんだろ・・・、股間の部分に

糸くずのかたまりが・・・      ああ!!





目の前にあったのは下着ではなくSioさんの何もつけていない下半身。



糸くずのかたまりだと思っていたそれはSioさんのおけけ・・・



Sioさんは一気に下着まで脱いでしまっていたのでした。




「いっぱい舐めるんだよ☆」



今度は閉じたMの形になるように

ゆっくりとソファに座り直しながらSioさんはそう言いました。



《Sioさんのアソコがむき出しになっちゃってる・・・。》



Sioさんは下半身だけ何もつけていない状態で

ほどよく濡れテカったアソコをペロだけに晒しています。




『Sioさんのアソコかわいい・・・』



思わずそうつぶやいてしまいました。



「あはは。なにそれー。」




Sioさんのアソコはまるでグロスを塗った唇のよう。


赤く火照った色をしていてツルツル、テカテカしていて

本当にかわいいんです。



そのかわいいアソコに吸い込まれるように


今度は何も身に付けていない股間に顔をうずめました。



縦に伸びた割れ目の中から左右バランス良く

ちょっとだけ飛び出たビラビラに


まっすぐ正面からペロの唇をあてがいました。



そのままの状態でしばらくSioさんのアソコの感触と匂いを堪能するペロ。


ペロの唇とSioさんのアソコとで、長いキスを交わします。



そして、舌は一切使わずそのまま唇をあてがったまま

顔をゆっくりと左右に振りはじめました。



もともと湿っていたアソコでしたが

動かすと割れ目がズレて、そのズレた割れ目の中から

少しずつ溜まってたおつゆが溢れ出してきます。




ぴちゅ・、くちゅ、・・ちゃっ・・・・ぴちゃ・・・



まだひと舐めもしていないのに左右に10往復ほど首を振ったころには

すでにやらしい音が鳴りはじめていました。







次回の記事へ続く
[ 2012/08/04 04:25 ] ご奉仕日記 | TB(0) | CM(0)

家電量販店販売員のSioさんとの初回ご奉仕 Pert4


名古屋の舐め犬ペロのブログにお越しいただきありがとうございます。


このブログではあなた様からの感想やご質問を募集しております。


もし、舐め犬という犬種に興味を持って頂いたなら

ぜひともお便りをお待ちしております。


直接声をかけて頂けると、それがとても励みになります。



ペロは本物の舐め犬です。


ただ舐めるのが好きなオスではありません。


クンニと挿入どちらが好きかと聞かれれば

100:0 でクンニの圧勝です。



そんな特殊な性癖を持つ舐め犬の体験談を

つたない文章ですが少しづつ更新していきますので

これからも応援をして頂けると嬉しいです。


また、このブログではあなた様からのメッセージをお待ちしております。

ちょっとした感想から、クンニの相談までお気軽にお問合せ下さいね☆

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら



さて、本日も前回の記事の続きとなります。


読み飛ばしが無いように前回の記事もチェックしてくださいね。


Sioさんとの舐め犬日記1
Sioさんとの舐め犬日記2
Sioさんとの舐め犬日記3



それでは続きをどうぞ。



続きを読む前にポチっとブログの応援よろしくお願いします
⇒ 







そしてぉしっこの匂いや分泌物の匂いも次第に強くなり

それがさらにペロを興奮させました。



夢中になってペロの顔をSioさんのアソコにこすり付けていると



「ふふ、ペロくん私のアソコ気に入った?」



Sioさんがそう尋ねてきました。



『うん、大好き・・・。』



『テカってすごくやらしくて、すぐぬるぬるになっちゃって

いっぱい女性の匂いがして、すごく興奮する・・・。』



「ふふ、良かった☆」



ペロの唇をSioさんのアソコにこすり付けていると

閉じた唇の隙間にSioさんのおつゆが染みてきて

ときどき、薄い海水のような味がしました。



それでもかまわず左右に動かし続けていると

Sioさんから出たおつゆは完全に割れ目から溢れ

とうとうおつゆがアナル方面に向かってたれ始めました。



Sioさんの汗や、Sioさんの ぉしっこ、そしてSioさんの愛液やおりもの

まだペロの唾液さえ混ざっていない純度100%のSioさんのおつゆ・・・。



「ねぇ、まだ舐めないの? めっちゃ垂れてきたし・・・」


Sioさんのその言葉を聞いて



《ああ、Sioさんが困ってる。
アソコから出たおつゆをどうすることもできなくて困ってる・・・
          ペロがなんとかしなきゃ、ご主人様の為に!!》



そのSioさんの純度100%のおつゆがアナルに差し掛かった時


ペロはそれを舌ですくい上げ、一滴もこぼさぬよう

大切に丁寧に吸い付きながらアナルからクリへ向かって

おゆつを吸い上げました。



ズズズズズズズズーーーー



静かな部屋で今日一番の大きな音が響き渡りました。



「あぁあぁああああ!!」



Sioさんも思わず声を上げてくれました。



一回吸い上げてもまだあとから垂れてきます。


何度も音をたててSioさんのアソコの割れ目に沿って吸い上げ

Sioさんから出たおつゆをすべてペロの口の中に含みました。


そして、口に含んだそれは当たり前のようにすぐに飲み干しました。



『んは・・Sioさんのおつゆおいしいね・・・』


そのセリフがとても恥ずかしかったので

Sioさんに聞こえるか聞こえないかギリギリくらいの声でつぶやきました。

でも、Sioさんには聞こえていたようです。



「・・・・おいしいの?」



『・・・うん、おいしい。』



『Sioさんのアソコ、ペロのせいでびちゃびちゃになっちゃったね。』


『責任もってきれいに掃除するから、たくさん舐めていい?』



「・・・うん、いいよ。でも舐め残しがあったらお仕置きだからね。」



舐め犬であるペロにとって最高に幸せな一言でした。



《ご主人さまの命令だから、しっかり掃除しなきゃ!》



そう、使命感に燃えながら

自慢の舌を使ってのご奉仕に取り掛かりました。







次回の記事に続く
[ 2012/08/05 00:16 ] ご奉仕日記 | TB(0) | CM(0)

家電量販店販売員のSioさんとの初回ご奉仕 Pert5


ここ一週間は天気も良くて、夏真っ盛りって感じですね。


気付くと、街で通りすがる女性のファッションはショーパンばかり。


少し前まではミニスカートの女性が少なくなって残念に思っていたのですが

最近はショーパンがやけにエロく見えてしまってどうしようもないペロです。



ちょっと前にあった出来事なのですが

友人とスポーツ観戦に行った時のこと。


ペロが座っていた応援席の近くに大学生くらいの4、5人の

女の子の団体が座っておりました。


ほとんどの子がショーパンを履いていたのですが

その内の一人の子がベンチにあぐらをかいて横向きに座っていました。


最初は、

《はしたないなぁ・・・》

くらいにしか思ってなかったのですが


股間の部分が視界に入った瞬間、視線が固まってしまいました。



きっと、丈の短いショーパンだったのでしょう。


股間の布の隙間から足の付け根のくぼみと言いますか

足と股間の境界が見えてしまっておりました。


きっと影だったのでしょうが、色素沈着しているように見えて

余計に興奮してしまいました。


足の付け根のその部分は舐め犬にとっては

決して避けては通れない部分なのです。


時としてアソコを舐める前のウォーミングアップとして

時として、じらしの一環として


ペロはその部分を何度舐めたことでしょう。


少なくともペロの舌はその部分を10万回は往復していると思います。



《そのショーパン履いたままペロの顔面に乗ってほしい!!》


《いっそのこと、そのベンチになりたい!!》



真っ昼間にそんな妄想をしてしまいました。






名古屋の舐め犬ペロのブログにようこそ。

このブログではこのような変態舐め犬の

実際にあった体験談をお届けしていきます。


もしあなたがペロと同じような舐め犬であったり、

ペロのような舐め犬に興味を持たれたら

いつでもお気軽にお便りください。


只今、ご主人様も募集中です。

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら



さて、本日も前回の記事の続きとなります。


読み飛ばしが無いように前回の記事もチェックしてくださいね。


Sioさんとの舐め犬日記1
Sioさんとの舐め犬日記2
Sioさんとの舐め犬日記3
Sioさんとの舐め犬日記4



それでは続きをどうぞ。



続きを読む前にポチっとブログの応援よろしくお願いします
⇒ 







ペロのお掃除タイムの始まりです。


お掃除タイムはお掃除ですから、きれいにすることが目的です。


感じて頂くためのテクニックだとか、強弱だとか

ましてや、じらしなんてものは一切使いません。


ただ、ただ、ご主人様に言いつけられた場所を

舐め犬の唯一の仕事道具である、この舌を使って

ご指定頂いた場所を丁寧に丁寧に舐め上げていきます。



たとえどんなものがこびりついていたって

それが、ご主人様の体から出たものであれば

このお口でしっかりと掃除していきます。



まずは、アナルと膣の間からのお掃除に取り掛かりました。

汚れを取りやすいように、しっかりとその場所に舌をべったりとつけて

何度も何度も丁寧に舐めあげていきます。


たまに膣穴からおつゆが垂れてきますので

それも見逃さず、吸い取っていきます。



んっ、はぁ、すごい気持ちいい・・・」



十分にきれいになったら、今後はアソコ全体をまんべんなく舐め

アソコの表面についたアカやカスなどを取り除きます。



指や手などは一切使わず

ただひたすらお口と舌のみで

心を込めて丁寧にお掃除していきます。



「ペロの舌気持ちいいね。あったかい。」



ご主人からお褒めの言葉を頂くと

ますます頑張らなきゃという気持ちになります。



全体のおおまかな掃除が終わると今度はこまかいところのお掃除です。



小さいビラビラの外側の溝を丁寧に舌先を使っての掃除です。



舐め犬をやっていると分かるのですがここが一番汚れている場所なのです。


どんなに心がけて、きれいに保っている人でも一日経つと

このビラビラの外側の溝には白いものがこびりついています。


特にクリトリスに近いビラビラの外側にはタップリこびりついています。


ただ、しっかりと広げてあげないとその場所にはたどりつけないため


唇をうまく使いながら溝を広げてその中に舌を差しこみ


そのこびりついた白いものをしっかりと丁寧に舌で絡め取っていきます。



「はぁはぁ、・・・はぁ・・・」



Sioさんがかわいい喘ぎ声を上げ始めました。

そして、閉じていたM字は徐々に開いていき

今では完全なMの形になっています。


でも、今はお掃除タイムなのでとにかくお掃除に集中です。


こびりついた白いものは舌だけだとなかなか簡単には取れません。


何度も何度も舌先をそわせてふやかして取っていくしかありません。



そして、ご主人様に痛い思いをさせないようにしないといけないので

とても時間がかかってしまいます。



膣穴から出るおつゆだったり、ペロ自身の唾液などで唇が滑ってしまって

途中、何度も広げたビラビラが元に戻ってしまいます。


そうなると、またアソコ全体のぬめりをしっかり吸い取ってから

やさしく唇でビラビラを広げていきます。



唇や舌だけではなく、時には鼻やあごなどを使って

愛しいご主人様のビラビラを器用に広げ

丁寧に、丁寧に、すみずみまで舐め上げていきます。


お口だけしか使えない舐め犬のお掃除は簡単ではないのです。



んっ!・・・はぁ、はぁ、はぁ・・・あぁん!



Sioさんは今日会ったばかりのペロに

その大切な下半身を完全に預けて

かわいくて控えめな喘ぎ声を出しています。







次回の記事に続く
[ 2012/08/06 01:30 ] ご奉仕日記 | TB(0) | CM(0)

家電量販店販売員のSioさんとの初回ご奉仕 Pert6


名古屋の舐め犬ペロのブログにお越し頂き

ありがとうございます。


このブログではあなた様からの感想や

質問などをいつでも募集しております。


ちょっとでも舐め犬に興味を持たれましたら

コメントやメッセージにてあなたの声を聞かせてください。


あなたのメッセージがペロにとって何よりも励みになります。

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら



さて、本日も前回の記事の続きとなります。


読み飛ばしが無いように前回の記事もチェックしてくださいね。


Sioさんとの舐め犬日記1
Sioさんとの舐め犬日記2
Sioさんとの舐め犬日記3
Sioさんとの舐め犬日記4
Sioさんとの舐め犬日記5



それでは続きをどうぞ。



続きを読む前にポチっとブログの応援よろしくお願いします
⇒ 







お掃除タイムも30分ほどが経過した時Sioさんがペロに尋ねました。




「ぁん・・ほんと・・・舐めるの・・・好きなんだね・・・。」


「はぁはぁ・・・そんなに長く舐めてて・・・疲れないの・・・?」




感じながら必死で声を出している様子に胸がキュンとしました。



色々な方にご奉仕させていただく時にも

「疲れないの?」

と良く聞かれますが

ペロはクンニをしている時はまったく疲れを感じません。


ノンストップで休憩なしで舐め続けて

気付いたら4時間ほど経っていたということも良くあり

とても驚かれます。


翌日に首やあごが痛くなったりしますが

それでもクンニをしている最中はまったく疲れません。


そんなことよりも目の前のご主人様のアソコを舐められる幸せの方が勝り

ずっと、何日間でも舐め続けていたいと思ってしまうんです。


ご主人様が許す限り、ずっとずっと舐め続けていたいです。



『全然、大丈夫。このまま朝まででも平気・・・。』


『Sioさんは、もう飽きた?』



「んはぁ・・・、違う・・すごく・・気持ちいいよ・・・。」


「こんなに・・・んん・・してくれたの・・初めてだから・・・疲れないかなって・・・。」


「じゃあ・・・、ずっと・・舐めててね・・・?」




『はいっ!』



Sioさんが舐め犬のことを理解してくれたようで

とても嬉しくなりました。



そうこうしているうちにSioさんのアソコにこびりついていた

白いカスはすっかりなくなってしまいました。



仕上げにアソコ全体のおつゆをしっかり吸い上げてから

お次はアナルのお掃除へと移ります。



ペロは女性のアナルが大好きです。

お股の間の下の方にちょこんとある

ちっちゃいお星さまのようなアナルを見ていると

とてもかわいらしくて、愛おしく思えてきます。


そんなアナルを目の前にしてしまうと舐めずにはいられないのです。


事前に「アナルは絶対いや」とでも言われない限り必ず舐めます。



ちなみにペロの初体験は挿入に失敗しております。


相手は当時の彼女で相手も初体験でした。


とても緊張してしまい挿入こそ失敗しましたが

その時もクンニとアナル舐めはしっかりとクリアしております。

(アナルは途中で拒否られましたが・・・苦笑)


挿入に失敗したショックよりも自分のクンニでイってくれたことが

何よりもうれしかったことを覚えています。


そう、ペロは生まれ持っての舐め犬クンニ野郎なのです。




話しが逸れてしまいましたが

そんな大好きなアナルなので掃除もクンニと同じく丁寧です。



先ほどのアソコの掃除の影響でアナル周りのお尻の割れ目には

ペロの唾液とSioさんのおつゆが混じったものが大量に溜まっています。



まずはそれをしっかりと吸い取っていきます。



ズズズズズズズー!



また、大きな音が響き渡ります。



「ひゃっ!あはは。」



Sioさんはちょっとくすぐったそうです。



アナルはアソコよりもつくりが単純なので

お掃除はそれほど大変ではありません。


しっかりと周りの水分を吸い取ったあとは

尾てい骨付近から丁寧に舐め上げていきます。


下から上へとお尻の割れ目の内側を

アナルをかすめるようにまずは右側から・・・

しばらく右側を舐めたあとは左側と・・・

こうして、何度も交互に掃除をしていきます。


そして徐々にアナル本体へ近づけていきます。



「うん・・、んっ!はぁ、はぁ、ペロくん、そこ汚いよ?」

「そんなところまで舐めちゃうの・・・?」




はい、お掃除ですから当然です。



お尻の割れ目がきれいになったら今度はアナルに1点集中です。


アナルは細かいしわしわ一本一本にしっかりと舌をそわせて

外側から中心へと舐めていきます。


しわの部分は細かい汚れが溜まりやすいので

しっかりと丁寧に舐めていきます。



「く・・・あっ・・・はぅ・・・。」



Sioさんは舐めるたびに力が入っているのが分かります。


アナルも舐める度にキュッと閉じたり、緩んだりを繰り返しています。


舌先に力を入れてアナルに差し込むと少し苦みを感じました。







次回の記事に続く
[ 2012/08/07 10:05 ] ご奉仕日記 | TB(0) | CM(2)

家電量販店販売員のSioさんとの初回ご奉仕 Pert7


名古屋の舐め犬ペロのブログにお越し頂き

ありがとうございます。


このブログは舐め犬という特殊な性癖を持って生まれてしまったペロが

ご主人様へ一生懸命尽くした、涙あり、感動ありのドキュメントブログです。


舐め犬ペロのクンニに対する真っ直ぐな想い。

そして、女性に喜んで頂ける為なら惜しげもなく命をかける姿。

そんな従順な舐め犬の生態を体験談としてお届けしております。



つまり、クンニが大好きな

ただの変態犬ブログなのです。







このブログではあなた様からの感想や

質問などをいつでも募集しております。


ちょっとでも舐め犬に興味を持たれましたら

コメントやメッセージにてあなたの声を聞かせてください。


あなたのメッセージがペロにとって何よりも励みになります。

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら



さて、本日も前回の記事の続きとなります。


読み飛ばしが無いように前回の記事もチェックしてくださいね。


Sioさんとの舐め犬日記1
Sioさんとの舐め犬日記2
Sioさんとの舐め犬日記3
Sioさんとの舐め犬日記4
Sioさんとの舐め犬日記5
Sioさんとの舐め犬日記6



それでは続きをどうぞ。



続きを読む前にポチっとブログの応援よろしくお願いします
⇒ 







ペロはアナルを舐めていると

なんとも言えない気持ちになります。


アナル・・・それは本来なら排泄物を出すための器官であって

それ以上でもそれ以下でもないはずです。


一般的な感覚の人にとっては人の身体の中で

最も汚いと認識されている部位です。


女性のそんな部位に自分の唇や舌が触れているなんて思うと

なんだかとてもいけないことをしているような感覚になり

何とも言えない興奮を覚えてしまうのです。



そして、アナルは普段生活をしている中では

いつも隠れた場所にあります。



たとえ、女性同士で温泉旅行に行った場合であっても

お風呂場で胸やアソコを恥ずかしげもなく晒す女性はいても

わざわざ、お尻を開いてアナルを晒す人なんていないと思います。


そんな女性の躰の中でも最も秘密にされている場所

その秘密の部位が目の前にあると思うだけで

ペロは死ぬほど興奮してしまうのです。



アナルはきっと多くの女性にとって

最も見られて恥ずかしい場所なのではないでしょうか。



そんな恥ずかしい身体の一部を

ペロの目の前にさらしてくれる女性に対して

ペロは特別な感情を抱いてしまいます。



《ああ、こんな恥ずかしい場所をこの人は惜しげもなく晒してくれている》



そう思うと、いとおしくてたまらなくなってしまうのです。



Sioさんはときどき全身をピクピクと痙攣させながら

今日会ったばかりのペロの目の前で

その大切なアナルを剥き出しにして晒し

そのアナルにペロの舌や唇が何度も何度も重なるのを

何も言わずに受け入れてくれています。。



ペロはその間、たっぷりとSioさんのアナルの味、匂いを堪能し

アナルの形や色、しわの感触まで覚えるほどに一生懸命尽くしました。


本当に・・・本当に幸せなひと時です。



アナルだけでなくお尻の割れ目もしっかりとお掃除をしていきます。


アナルの匂いや ぉしっこの匂いがしなくなるまで・・・

Sioさんの陰部でペロの舌が重なっていない場所はもう無くなりました。



最後に股間全体に付着したSioさんから出たおつゆと

ペロの唾液が混ざったものをしっかりとお口でキャッチして

お掃除タイム終了です。



『Sioさん、お掃除終わったよ。』


Sioさんに、お掃除完了のご報告。



「はぁ・・・はぁ・・・。」


「はぁ・・・すごかったぁ・・・。」



『ほんと?痛くなかった?』


「ううん、全然。こんなに、しつこく舐められたの初めてだよ」


『しつこいって(苦笑)、いやだった?』


「ううん。すごく良かった・・・。」


「なんか、こんなに一生懸命に舐めてくれて

       悪いなーって、思いながらも癒されたかも(笑)」



『今のは、お掃除タイムだからね。』


『これからが本当のご奉仕タイムだよ』


「そんなに続けて平気?・・・疲れてない?」


『全然、大丈夫。もっとSioさんを癒してあげたい・・・。』


「やったー、至れり尽くせりだね(笑)」


Sioさんがイタズラっぽく笑って言いました。


「じゃあ、あっちにいこっか・・・」


ソファに座ったままSioさんは手をペロに向かって差し出しました。


その手をしっかりと握り、ゆっくりとSioさんを立たせて

そのまま両手を繋ぎながらベッドへと移動しました。







次回の記事に続く
[ 2012/08/08 10:11 ] ご奉仕日記 | TB(0) | CM(0)

家電量販店販売員のSioさんとの初回ご奉仕 Pert8


名古屋の舐め犬ペロのブログに

今日もお越しいただきありがとうございます。



誠に恥ずかしながらペロは筋金入りの舐め犬でございまして

しばらく女性のアソコを舐めていないと禁断症状のように

街でちょっとでも好みの女性とすれ違うと、その女性のアソコや

アナルを無理やり舐めさせられている妄想をしてしまいます。



いつしか、街中で女性に土下座して

『あなたのアソコを舐めさせてください!』

と、お願いしてしまうんじゃないかと

本気で自分が心配になってしまいます。



でも、実際に土下座して舐めさせてくれる女性がいたりしたら

喜んで土下座してしまうんでしょうけどね(笑)



このブログでは貴女様からのメッセージをお待ちしております。

ちょっとした感想から、クンニの相談までお気軽にお問合せ下さいね☆

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら



さて、本日も前回の記事の続きとなります。


読み飛ばしが無いように前回の記事もチェックしてくださいね。


Sioさんとの舐め犬日記1
Sioさんとの舐め犬日記2
Sioさんとの舐め犬日記3
Sioさんとの舐め犬日記4
Sioさんとの舐め犬日記5
Sioさんとの舐め犬日記6
Sioさんとの舐め犬日記7



それでは続きをどうぞ。



続きを読む前にポチっとブログの応援よろしくお願いします
⇒ 







Sioさんにベッドに横たわってもらった後

ペロはお風呂場へ行き、タオルを持ってきました。


そして、それをSioさんのお尻の下に敷きます。



ご奉仕タイムは唾液や愛液などで

アソコがかなりびしょびしょになります。


それがお尻を伝ってシーツに垂れてしまうと

あとあと、気持ちが悪いので

あらかじめ、こうやってタオルを敷いておきます。



『じゃあ、いくね・・・。』



それが終わるとペロはすぐにSioさんのアソコめがけて

顔を埋めクンニのご奉仕を始めました。



ちゅば・・・ぴちゃ・・・ちゅるちゅる・・・ちゅぱ・・・。



これまでとは明らかに違う音を立てながら

ペロの舌がSioさんのアソコ全体を這いずり回ります。



「やん・・、あっ!・・あん・・・あっ・・・あっ!



Sioさんもそれに応えるように先ほどとは

明らかに違う喘ぎ声を上げはじめました。



ペロはSioさんの小さめのビラビラを

上下の唇で軽く挟みながら

そのビラビラに少し舌を添えて

割れ目に沿うような形でスライドしていきます。



まるで、ビラビラを唇と舌で優しくマッサージするように

片方ずつ、丁寧に挟んだままスライドしていきます。



くちゅ・・・・・・くちゅ・・・・・・



時々、ペロの下唇がSioさんの割れ目の真ん中に溜まった

愛液の水たまりに入ると、その度にかすかに音がしました。



「んは・・・はぁ・・・んん!」



ビラビラがしだいに柔らかくほぐれていくのが分かりました。

Sioさんのアソコは熱く充血したようになってしまっております。



ひとつひとつの作業を丁寧にしつこく攻めていきます。


そして、今度はビラビラの内側と外側をペロの舌先を使って

ヘビの舌のようにチロチロと小刻みに動かしながら

割れ目に沿うように上下に何度も往復していきます。



「ああっ!はぁ・・んもう!、さっきと全然舐め方違うしぃ・・・」



はい、当然です。


今までのはあくまでも、お掃除ですから。


気持ち良くなって頂くためのご奉仕はこれからなんです。



SioさんはHでイッたことが無いのが悩み・・・。


オナニーではイけるらしいのですが

それでも指だと30分以上は時間がかかってしまうそうです。


ちなみに最近買った電マを使うと5分でイケるそう(笑)



今回、Sioさんとお会いする直前のやりとりで、Sioさんから

“クンニだけでイカせてほしい”

というオーダーを頂いておりました。


舐め犬をやっているとオナニーではイクことができるけど

Hの最中ではイったことが無いという相談をよく受けます。


このブログを読まれている方の中にも

そういった方は多いのではないでしょうか。



でも、全然心配することなんて無いと思います。



オナニーですらイったことが無いのならともかく

少なくともイク感覚を経験したことがある女性であれば

誰でも必ず比較的簡単にクンニでイクことが出来ます。



電マほどの高速運動は無理だとしても

女性の呼吸に合わせて舌のスピードと強弱を調整したり

舐める部分や状態によって舌のすべり具合が

ちょうどよくなるように唾液の量を調整したり

クンニはあなたを最も気持ち良い状態にさせる

玩具へと変化させることが可能なのです。



そして、同じイクにしても

電マでイクのとクンニでイクのとでは

雲泥の差だと思います。


クンニによる絶頂は驚くほど深い満足感が得られます。


たとえ、オナニーでもイクことを経験したことが無い女性でも

クンニでイクことはそれほど難しいことでは無いと思います。


クンニの女性を癒す力は絶大なのです。



「あっ・・あっ・・・んん・・はぁ!・・はぁ!・・はぁ!」



先ほどのお掃除タイムの効果もあってか

Sioさんのアソコはすでに洪水状態。


タオルの上にはペロの唾液とSioさんの愛液が混ざった

大きな染みが出来てしまっています。







次回の記事に続く
[ 2012/08/09 11:01 ] ご奉仕日記 | TB(0) | CM(0)

家電量販店販売員のSioさんとの初回ご奉仕 Pert9


名古屋の舐め犬ペロのブログに

今日もお越しいただきありがとうございます。



このブログはまだ出来たてで

コンテンツもまだまだこれからではございますが

ひとつひとつの記事を心こめて書かせて頂いております。


その一生懸命書いた記事を、こうやってあなたに

読んで頂けることに、とても感謝しております。



もし、気が向きましたらコメントやメッセージを下さい。

ちょっとした感想だけでもとても嬉しくなります。



もし、コメントやメッセージを頂いたのが女性であれば

それだけでペロは勃起してしまうかもしれません(笑)

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら



さて、本日も前回の記事の続きとなります。


読み飛ばしが無いように前回の記事もチェックしてくださいね。


Sioさんとの舐め犬日記1
Sioさんとの舐め犬日記2
Sioさんとの舐め犬日記3
Sioさんとの舐め犬日記4
Sioさんとの舐め犬日記5
Sioさんとの舐め犬日記6
Sioさんとの舐め犬日記7
Sioさんとの舐め犬日記8




それでは続きをどうぞ。



続きを読む前にポチっとブログの応援よろしくお願いします
⇒ 






ペロはSioさんのビラビラをメインに愛撫しながらも

さりげなくSioさんのクリトリスの皮に唇が触れるようにし始めました。


あくまで偶然触れているように・・・。

あたかもペロがクリトリスの存在を無視しているかのように・・・。



「はぁ・・・はぁ・・・あんっ!・・・はぁ・・・はぁ・・・」



時々、クリトリスに唇が当たるとSioさんからかわいい声が漏れます。



そして、Sioさんのクリトリスはすぐに皮から顔が出てしまいました。


赤くテカったビーズ玉のようなクリトリスが剥き出しです。



《あぁ・・・Sioさんのクリトリスがこんなに充血してる・・・》



そんなSioさんのクリトリスを見ていると

またしても、愛おしい気持ちになってしまいました。



ゆっくりと、Sioさんのクリトリスにペロの唇を近づけます。


まるで、大好きな女の子と初キッスするかのように

やさしくSioさんのクリトリスにキスをしました。



あん・・・あっ・・・あっ・・・・・」



何度も何度も小鳥のようなキスを交わします。



先ほど、あれほどのおつゆが溢れ出した膣穴からは

まだ、大量のおつゆが溢れ出てきます。



《Sioさんにもっと、もっと気持ち良くなってもらいたい・・・》



『Sioさん・・・。』


「はぁ・・・はぁ・・・なぁに?・・・」


『Sioさんのこれ、思いっきり舐めていい・・・?』


『Sioさんのこれ、もう食べちゃっていい・・・?』


「ん・・・はぁ・・・・いいよ・・・・食べて・・・やさしくね・・・」


『うん・・・』



ペロはSioさんのアソコ全体を包み込むように

大きく口を開けてアソコ全体を覆いました。


そして、そのままアソコに吸い付きました。


ちゅぶぅう・・・ちゅぶっ・・・・ちゅばっ・・・・。



先ほど溢れていたSioさんのおつゆが

ペロの口の中に入りそして喉を通っていきます。



この日だけで、どれだけSioさんのおつゆを飲んだか分かりません。


Sioさんには内緒にしてましたが

ここまで、途中何度か音が出ないように

注意してゲップを出してました。
(汚い話ですみません・・・)



しかし、女性のアソコから出てくるおつゆで

お腹いっぱいになれるなんてこんな幸せなことはありません。



おくち全体でアソコを覆った状態のまま今度は舌先で

クリトリスを弾くように刺激していきました。



「あっ・・・ああ!・・・あっ・・・あっ・・・ああ!



何度も・・・何度も・・・。


これまで徹底して無視してきたクリトリスを

今日、初めて集中して攻めました。



そしてすぐに、今度は唇を小さくすぼめてクリトリスにあてがい

軽く吸いつきました。


するとクリトリスが完全に皮から剥き出しになり

飛び出てペロの唇に挟まる形になりました。


赤ちゃんのような小さい枝豆のように飛び出てきたそれを

唇で挟んだままで舌先を小刻みに震わせ刺激を与えました。



「あん!・・・ぁあっ!・・ぁあっ!・・ぁあっ!


「あ・・・あぁ・・・やばっ!・・・イク・・・イっちゃう!




クリを攻めてから2分も経っていなかったと思います。


Sioさんからその言葉を聞いたとき


《よし、電マに勝った!》


と心の中で小躍りしてしまいましたが


このままSioさんにイってしまわれたら

ペロの舐め犬としてのプライドが許しませんでした。







次回の記事に続く
[ 2012/08/10 13:44 ] ご奉仕日記 | TB(0) | CM(0)

家電量販店販売員のSioさんとの初回ご奉仕 Pert10


名古屋の舐め犬ペロのブログに

今日もお越しいただきありがとうございます。



このブログもおかげさまで毎日100人以上の

訪問者さまにお越し頂けるブログへと成長してまいりました。


あたたかいお便りや応援メッセージもいただくことがあり

ブログを続けてきてよかったと改めて思います。


このブログでは貴女様からのメッセージ、コメントを

募集しておりますのでいつでもお気軽にメッセージを下さいませ。


健康でいるかぎり、返信は必ずさせて頂きます。

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら



さて、本日も前回の記事の続きとなります。


読み飛ばしが無いように前回の記事もチェックしてくださいね。


Sioさんとの舐め犬日記1

Sioさんとの舐め犬日記2

Sioさんとの舐め犬日記3

Sioさんとの舐め犬日記4

Sioさんとの舐め犬日記5

Sioさんとの舐め犬日記6

Sioさんとの舐め犬日記7

Sioさんとの舐め犬日記8

Sioさんとの舐め犬日記9



それでは続きをどうぞ。



続きを読む前にポチっとブログの応援よろしくお願いします
⇒ 







Sioさんの悩みはHでイったことが無いこと。


オナニーではイったことがあっても

何度もイケるようなタイプの女性ではありません。


イった後は強烈な眠気に襲われるのだとか。



中には何度も軽い絶頂を連続で楽しめる女性もいらっしゃいますが

Sioさんは少なくともそういったタイプの女性ではありません。



そんなSioさんからのオーダーである


「クンニだけでイってみたい!」


という願望を本当の意味で叶えるには

このままイカせてしまってはいけないと思いました。


ご奉仕タイムだって、まだまだ始まったばかりです。



ひとまず、クリトリスから退却し

舌先を尖らせてビラビラの内側を

上下にゆっくりと這わせました。



段々スピードを速め、そしてスピードを落として・・と繰り返し

スライドの幅も小さくしたり大きくしたりを繰り返していきました。


大きくスライドする時だけはクリトリスにも舌先を当てていきます。


たまにSioさんがちょっと苦手であろうアナルにも舌先を這わせました。



「ん・・・はぁ・・・あんっ・・・はふぅ・・・はあ、はぁ」



たまにかわいい声をあげながらも

Sioさんの呼吸がだんだん落ち着いてきましたので

ここでまた容赦なくクリトリスを集中して攻めていきます。



「んん!!・・・あん!・・ぁあっ!・・・あん!・・・あぁ!



そして、またクリトリスから退却してから舌先を這わせます。



「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・気持ちぃ・・・」



これをしつこく何度も繰り返していきました。



繰り返していくうちにだんだんとクリトリスが敏感になっていくため

Sioさんのクリトリスはもうパンパンです・・・。



そんな状態のクリトリスに集中する時は

慎重にSioさんの呼吸を感じ取り

退却どきを見極めないといけません。



いつの間にか汗だくになったSioさんがペロに言いました。



「はぁはぁ・・・ペロくん、そろそろ私イキたい・・・」


「・・・そのままクンニでイカせてくれる・・・?」



《かしこまりました!》



ペロは心の中で一度敬礼してから

そのまま無言でSioさんのアソコから舌を離し

体勢を変えることにしました。



ペロの頭とSioさんの頭が互い違いになるように

横たわるような感じに移動してから

Sioさんの足を抱え上げ、まんぐり返しの状態にしました。



まるで男女が逆のシックスナインのような体勢ですが

ペロはSioさんに跨ることは無くSioさんに寄り添った形。



そして、その体勢で大きく口を開けSioさんのアソコを覆いました。



先程とは口の向きが逆になっているので

ペロの上唇はSioさんの膣穴とアナルの間に

そして、下唇はクリトリスのすぐ上の位置にあります。


隙間ができないようにしっかりと口全体で

強めにSioさんのアソコを包み込んでいます。


包み込むというよりも

“むしゃぶりつく”

といった表現の方がピッタリかもしれません。



その口の中で舌先をクリトリスに当てました。


Sioさんのクリトリスはパンパンに腫れ上がり

そして、ペロの舌よりも熱くなっていました。


そのまま舌をゆっくりと回転させていきます。



「あんっ・・・あっ・・・あっ・・・あっ!



だんだんスピードをあげていきます。



あはぁっ!・・・あんっ!・・・あっ!・・あっ!・・・」



最後はもうこれ以上ないくらいのスピードで

舌を痙攣させるように全エネルギーを舌先に使いました。


ただし、刺激は強くなりすぎないように

あくまでもソフトにスピードだけを上げて


小刻みに舌を震わせるように

Sioさんのクリトリスをリズミカルに弾いていきます。


「ああ!・・・イク・・・イク・・・イクっ!・・・イっちゃう!!



「・・・・・・・・・・!!!!」







ペロの口の中でSioさんはあっという間に絶頂を迎えました。



『はぁ・・・はぁ・・・Sioさん大丈夫?痛くなかった?』



「ううん、全然だよ」


「めちゃくちゃ・・・最高だった・・・。」



《Sioさんから最高の言葉を頂きました》



Sioさんが“おいで”のポーズをしたので

ペロはSioさんの胸にうずくまりました。



Sioさんの息遣いはまだ収まっていません。


このイった直後の女性の表情って

何故こんなに色っぽいのでしょうか。



息を必死で整えながら笑顔でこちらを見つめられると

なんだか自分のために頑張ってくれたように感じてしまい

それを見て愛おしく思ってしまうのです。



飼い主の喜ぶことをして生きがいを感じる忠犬たちと

ペロも同じような気持ちなんじゃないかなと思います。



Sioさんはペロの頭をなでなでしてくれています。



ペロはオナニー介助犬として、これからも一生

舐め犬を必要とする女性に仕えたいと心に誓うのでした。



ふと、Sioさんが頭を撫でるのをやめて

ブラウスの袖でペロの顔を撫でまわし始めました。



「すごい汗・・・」



気付いたらペロは顔から大量の汗を流していました。



「がんばったねー。ご褒美あげる・・。」


ちゅっ・・・。



ご褒美にキスを頂いてしまいました・・・。



気付くと、時間はすでに午前4時過ぎ。


それから二人でホテルを後にして

近くのマックで始発までお互い眠い目をこすりながら

たわいない話をして過ごしました。



始発の時間が来ると駅に二人で向かいました。

そして、解散する直前くらいにまた会う約束をしました。



こうして、Sioさんとの初めてのご奉仕体験が終わりました。







長々となってしまいましたが

ペロの舐め犬体験を読んで頂きありがとうございました!



ちなみに、今回の舐め犬体験はペロにとって割とソフトな体験です。


最初の体験話なのでだいぶソフトなものを選びました。


もっと、ハードなものをご希望であれば

是非ともメッセージをお送り下さいませ。



Sioさんとはそれからもペロが横浜から引っ越すまで

何度か舐め犬として使って頂き、お世話になりました。


Sioさんはとてもきれいな方だったので

この初日は次もまた会えることがとても楽しみにしていましたが

この時、まだペロはSioさんの本性を知らなかったのです。


2回目以降は、それはもう徹底的に

舐め犬としてこき使われました(笑)


しかし、こき使われれば使われるほど興奮し

幸せを感じるペロなのでした。



それでは次回の新しい体験談をお楽しみください。

次回はまた別の方との体験談を予定しております。

それではまた!



もしよろしければ最後にランキングへの応援をよろしくお願いします
⇒ 

別窓で開きますのでそのあと年齢認証してお入りください。

先ほど見たら6位でした!

皆様のおかげです!

ありがとうございます!!


トップへ戻る
[ 2012/08/12 13:21 ] ご奉仕日記 | TB(0) | CM(0)

家電量販店販売員のSioさんとの初回ご奉仕【完結版】


名古屋の舐め犬ペロのブログへようこそ!



記念すべき第1回目の体験談は横浜時代にお世話になった

某家電量販店で販売をされているSioさんというとってもキュートな方


実はこの方には本当に何度もペロを使って頂き

つい最近までペロのご主人様として

クンニ奉仕をさせて頂いた方になります。



今回はSioさんとの初めてのクンニ奉仕の時の話・・・。



Sioさんとの出会いは某フェチ系の掲示板

その掲示板で唯一メール交換をして頂いた女性がSioさんでした。


メール交換を始めたばかりの時は、ただお互いの性癖をぶちまけたり


「今日はこんな妄想をした」

だとか


「クンニはこうじゃなきゃ!」

だとか


時には職場の愚痴や相談に乗ったりなど


ちょっとだけHな妄想をぶちまけている

何気ないメール交換をするだけの仲でした。



そんなメールが1か月ほど続いたくらいの時

いまぐらいの夏でしたね。



メールボックスを確認するとSioさんから2通のメールが届いていました。

(その時はまだyahooのメールだけでやりとりしておりました)


1通目はいつもの職場の愚痴と最後に


「あー!クンニされてえ!」


との心の声(笑)



2通目はと言うと・・・


「・・・なんか、我慢するのめんどいから会っちゃう?(笑)・・・」


一行だけの短文メールでした。



メールを読んだ直後はとてもビックリして戸惑いましたが

激しい緊張と期待を抱きながらペロはSioさんと会うことにしました。



続きを読む前にポチっとブログの応援よろしくお願いします
⇒ 







その週の金曜日の午後10時過ぎ


待ち合わせは横浜駅


極度な緊張の為か辺りをフラフラと歩きながら

あらかじめ伝え合ったお互いの服装の特徴を目印に

Sioさんを探していたことを覚えております。


必死で通り過ぎる人々を目で追っていましたが

どうやら、Sioさんの方がペロを見つける方が早かったみたいです。



「えっと、ペロくん?」



振り向くと目に飛び込んできたのは長身でスレンダーなシルエット

顔はとってもキュートな井上真央似の女性が立っていました。



『あ、はいSioさん?』


「うん。どうもー。」


「なんか、今日からいきなり暑くなったよね」



『はは、そうだね。』


『暑いからズボン履いてくるべきかどうか5分くらい悩んだよ』


「いや、それは履く決断下そうよ!1秒で(笑)」



その時の会話の内容はもちろん覚えていませんが

そんな感じで緊張を冗談で紛らわしながら

軽い挨拶を終え約束していた居酒屋に向かいました。



挨拶を交わした後は予め予約をしてあった

ちょっとおしゃれな居酒屋に向かいました。


そのお店の名前をSioさんに伝えたところ一度行ったことが

あるお店だったようで逆に案内してもらうような形で一緒にお店へ。


わざとSioさんのちょっと斜め後ろを着いていきながら

そのモデルのようなスタイルに見とれておりました。



本当にこのSioさんですが、スタイルが良くて背が高いです・・・

身長は、もしかして同じくらい?? いや負けているかも・・・。


あとから本人に聞いた話ですとSioさんの身長は172ほどとのこと



完全に負けておりました(;;)


まぁ、身長の低いペロが悪いんですけどね。



そんなスラっとした身長の女性と並んでいることの劣等感から逃げるように

少し歩調を早め、急いで居酒屋へと駆け込みました。


その日のSioさんの服装はパンツスタイルのスーツ姿


仕事場からそのまま直行してきたとのこと。


年齢は23歳とのことでしたがスラっと伸びた身長のせいか

もう少し大人びて見えました。


当時のペロは30歳だったので7つ違いでしたが


Sioさんのとても気さくな人柄のおかげで

まったく話題に困ることも無く、会話も弾みました。



お互いお酒が強いわけではなかったためその日は料理と会話がメイン。


お互いの仕事の話や世間話や時折変態話も織り交ぜながら

楽しい時間が過ぎていきました。


あまり強くないお酒をお互いに2杯ほど飲んだくらいの時に。

どちらからともなく



さて、そろそろホテルへ行きますか・・・。



といった雰囲気になりました。


実は会うことが決まってからはお互いの願望をぶちまけ合いながら

当日の打ち合わせをしており、会う前からこうなることは決まっておりました。



お腹も膨れた二人はそれぞれ自分の携帯で近くのホテルを探すことに



「あっ、これいいかも!」



Sioさんが選んだそのホテルに会計を済ませてから向かいました。



「ラブホ久しぶり―」


目的地について早々にはしゃぐSioさんを見ていると

これまでずっと言いたかった言葉が自然と出てしまいました。


『Sioさん、かわいいなぁ・・・。はやく舐めたい。』



「ありがとう。ペロくんもかわいいよ。もう舐めちゃう?」




そういいながらSioさんソファに座りながら「おいで」のポーズ。


ペロは素直にSioさんの方へと近づき、犬がご主人様の匂いを嗅ぐように

Sioさんの顔にペロの顔を近づけました。



Sioさんは“おいで”のポーズをしていた手をそのままペロの

首にかけようとしますがペロはそれをかいくぐり

Sioさんの股間にいきなり顔をうずめました。



「あはは・・ん!」



笑い声なのかなんなのか良くわからない声を上げるSioさん。


そして、ペロは自分の顔全体を使ってSioさんのアソコを

マッサージをするように優しく動かし、時折強く息を吸い込んで

Sioさんの匂いをたっぷりとペロの中に取り込みました。



Sioさんはただ静かに目を閉じてペロの行為を受け入れてくれています。


徐々に顔を奥まで、強く圧迫しながら匂いをかぐと

かすかにぉしっこの匂いがしました。



《ああ、Sioさんのぉしっこの匂い・・・》


《ペロの舌で舐めて綺麗にしてあげたい・・・》



その衝動を抑えきれなくなり、ペロはSioさんのパンツの

ファスナーの上にあるボタンに唇をひっかけ

口だけでボタンを外そうとしました。



色々と試行錯誤して口だけでボタンをはずそうと試みますが

なかなかはずれてはくれません。


我慢しきれずそっとボタンの部分に手を添えると

Sioさんの手がペロの手を制止しました。



「こら!ダメでしょ」



いきなりおあずけを食らい戸惑うペロ。



『え? あ・・・ゴメンなさい。がまんできなくて・・・。』



ペロがそう言い終わる前にSioさんはいたずらっぽくこう言いました。




「ふふ、ペロくん。犬でしょ?」


「犬なのに手なんか使っちゃダメじゃん(笑)」




《なるほど、そっちのダメ出しですか。》



そういいながらSioさんは立ち上がり自身の手でボタンを外し

パンツの腰の部分に手をかけスーッっと下までおろしました。




ようやく、Sioさんの下着姿が目の前に・・・。



《ん?》



待ち侘びていたその光景の中にある異変に気付きました。



《ん?この下着なんだろ・・・、股間の部分に

糸くずのかたまりが・・・      ああ!!





目の前にあったのは下着ではなくSioさんの何もつけていない下半身。



糸くずのかたまりだと思っていたそれはSioさんのおけけ・・・



Sioさんは一気に下着まで脱いでしまっていたのでした。




「いっぱい舐めるんだよ☆」



今度は閉じたMの形になるように

ゆっくりとソファに座り直しながらSioさんはそう言いました。



《Sioさんのアソコがむき出しになっちゃってる・・・。》



Sioさんは下半身だけ何もつけていない状態で

ほどよく濡れテカったアソコをペロだけに晒しています。




『Sioさんのアソコかわいい・・・』



思わずそうつぶやいてしまいました。



「あはは。なにそれー。」




Sioさんのアソコはまるでグロスを塗った唇のよう。


赤く火照った色をしていてツルツル、テカテカしていて

本当にかわいいんです。



そのかわいいアソコに吸い込まれるように


今度は何も身に付けていない股間に顔をうずめました。



縦に伸びた割れ目の中から左右バランス良く

ちょっとだけ飛び出たビラビラに


まっすぐ正面からペロの唇をあてがいました。



そのままの状態でしばらくSioさんのアソコの感触と匂いを堪能するペロ。


ペロの唇とSioさんのアソコとで、長いキスを交わします。



そして、舌は一切使わずそのまま唇をあてがったまま

顔をゆっくりと左右に振りはじめました。



もともと湿っていたアソコでしたが

動かすと割れ目がズレて、そのズレた割れ目の中から

少しずつ溜まってたおつゆが溢れ出してきます。




ぴちゅ・、くちゅ、・・ちゃっ・・・・ぴちゃ・・・



まだひと舐めもしていないのに左右に10往復ほど首を振ったころには

すでにやらしい音が鳴りはじめていました。



そしてぉしっこの匂いや分泌物の匂いも次第に強くなり

それがさらにペロを興奮させました。



夢中になってペロの顔をSioさんのアソコにこすり付けていると



「ふふ、ペロくん私のアソコ気に入った?」



Sioさんがそう尋ねてきました。



『うん、大好き・・・。』



『テカってすごくやらしくて、すぐぬるぬるになっちゃって

いっぱい女性の匂いがして、すごく興奮する・・・。』



「ふふ、良かった☆」



ペロの唇をSioさんのアソコにこすり付けていると

閉じた唇の隙間にSioさんのおつゆが染みてきて

ときどき、薄い海水のような味がしました。



それでもかまわず左右に動かし続けていると

Sioさんから出たおつゆは完全に割れ目から溢れ

とうとうおつゆがアナル方面に向かってたれ始めました。



Sioさんの汗や、Sioさんのぉしっこ、そしてSioさんの愛液やおりもの

まだペロの唾液さえ混ざっていない純度100%のSioさんのおつゆ・・・。



「ねぇ、まだ舐めないの? めっちゃ垂れてきたし・・・」


Sioさんのその言葉を聞いて



《ああ、Sioさんが困ってる。
アソコから出たおつゆをどうすることもできなくて困ってる・・・
          ペロがなんとかしなきゃ、ご主人様の為に!!》



そのSioさんの純度100%のおつゆがアナルに差し掛かった時


ペロはそれを舌ですくい上げ、一滴もこぼさぬよう

大切に丁寧に吸い付きながらアナルからクリへ向かって

おゆつを吸い上げました。



ズズズズズズズズーーーー



静かな部屋で今日一番の大きな音が響き渡りました。



「あぁあぁああああ!!」



Sioさんも思わず声を上げてくれました。



一回吸い上げてもまだあとから垂れてきます。


何度も音をたててSioさんのアソコの割れ目に沿って吸い上げ

Sioさんから出たおつゆをすべてペロの口の中に含みました。


そして、口に含んだそれは当たり前のようにすぐに飲み干しました。



『Sioさんのおつゆおいしいね・・・』


そのセリフがとても恥ずかしかったので

Sioさんに聞こえるか聞こえないかギリギリくらいの声でつぶやきました。

でも、Sioさんには聞こえていたようです。



「・・・・おいしいの?」



『・・・うん、おいしい。』



『Sioさんのアソコ、ペロのせいでびちゃびちゃになっちゃったね。』


『責任もってきれいに掃除するから、たくさん舐めていい?』



「・・・うん、いいよ。でも舐め残しがあったらお仕置きだからね☆」



舐め犬であるペロにとって最高に幸せな一言でした。



《ご主人さまの命令だから、しっかり掃除しなきゃ!》



そう、使命感に燃えながら

自慢の舌を使ってのご奉仕に取り掛かりました。



ペロのお掃除タイムの始まりです。


お掃除タイムはお掃除ですから、きれいにすることが目的です。


感じて頂くためのテクニックだとか、強弱だとか

ましてや、じらしなんてものは一切使いません。


ただ、ただ、ご主人様に言いつけられた場所を

舐め犬の唯一の仕事道具である、この舌を使って

ご指定頂いた場所を丁寧に丁寧に舐め上げていきます。



たとえどんなものがこびりついていたって

それが、ご主人様の体から出たものであれば

このお口でしっかりと掃除していきます。



まずは、アナルと膣の間からのお掃除に取り掛かりました。

汚れを取りやすいように、しっかりとその場所に舌をべったりとつけて

何度も何度も丁寧に舐めあげていきます。


たまに膣穴からおつゆが垂れてきますので

それも見逃さず、吸い取っていきます。



んっ、はぁ、すごい気持ちいい・・・」



十分にきれいになったら、今後はアソコ全体をまんべんなく舐め

アソコの表面についたアカやカスなどを取り除きます。



口の中に入ったカスはもちろん全部食べてしまいます。



「ペロの舌気持ちいいね。あったかい。」



ご主人からお褒めの言葉を頂くと

ますます頑張らなきゃという気持ちになります。



全体のおおまかな掃除が終わると今度はこまかいところのお掃除です。



小さいビラビラの外側の溝を丁寧に舌先を使っての掃除です。



舐め犬をやっていると分かるのですがここが一番汚れている場所なのです。


どんなに心がけて、きれいに保っている人でも一日経つと

このビラビラの外側の溝には白いものがこびりついています。


特にクリトリスに近いビラビラの外側にはタップリこびりついています。


ただ、しっかりと広げてあげないとその場所にはたどりつけないため


唇をうまく使いながら溝を広げてその中に舌を差しこみ


そのこびりついた白いものをしっかりと丁寧に舌で絡め取っていきます。



「はぁはぁ、・・・はぁ・・・」



Sioさんがかわいい喘ぎ声を上げ始めました。

そして、閉じていたM字は徐々に開いていき

今では完全なMの形になっています。


でも、今はお掃除タイムなのでとにかくお掃除に集中です。


こびりついた白いものは舌だけだとなかなか簡単には取れません。


何度も何度も舌先をそわせてふやかして取っていくしかありません。



そして、ご主人様に痛い思いをさせないようにしないといけないので

とても時間がかかってしまいます。



膣穴から出るおつゆだったり、ペロ自身の唾液などで唇が滑ってしまって

途中、何度も広げたビラビラが元に戻ってしまいます。


そうなると、またアソコ全体のぬめりをしっかり吸い取ってから

やさしく唇でビラビラを広げていきます。



唇や舌だけではなく、時には鼻やあごなど

顔全体を使って器用にすみずみまで舐め上げていきます。


お口だけしか使えない舐め犬のお掃除は簡単ではないのです。



んっ!・・・はぁ、はぁ、はぁ・・・あぁん!



Sioさんは今日会ったばかりのペロに

その大切な下半身を完全に預けて

かわいくて控えめな喘ぎ声を出しています。



お掃除タイムも30分ほどが経過した時Sioさんがペロに尋ねました。




「・・ほんと・・・舐め・・るの・・・好きなんだね・・・。」


「そん・・なに・・・長く・・舐めてて・・・疲れ・・ないの・・・?」




感じながら必死で声を出している様子に胸がキュンとしました。



この質問はかなりの頻度で聞かれるのですが

ペロはクンニをしている時は不思議と疲れを感じません。


8時間以上になると次の日には舌先がヒリヒリしていたり

首やあごが痛くなったりしますが、それでもクンニをしている最中は

まったく疲れません。


そんなことよりも目の前のご主人様のアソコを舐められる幸せの方が勝り

ずっと、何日間でも舐め続けていたいと本気で思っています。


ご主人様が許す限り、ずっとずっと舐め続けていたいです。



『全然、大丈夫。このまま朝まででも平気・・・。』


『Sioさんは、もう飽きた?』



「んはぁ・・・、違う・・すごく・・気持ちいいよ・・・。」


「こん・・なに・・・してくれたの・・初めてだから・・・疲れないかなって・・・。」


「じゃあ・・・、ずっと・・舐めててね・・・?」




『はいっ!』



Sioさんが舐め犬のことを理解してくれたようで

とても嬉しくなりました。



そうこうしているうちにSioさんのアソコにこびりついていた

白いカスはすっかりなくなってしまいました。



仕上げにアソコ全体のおつゆをしっかり吸い上げてから

お次はアナルのお掃除へと移ります。



ペロは女性のアナルが大好きです。

お股の間の下の方にちょこんとある

ちっちゃいお星さまのようなアナルを見ていると

とてもかわいらしくて、愛おしく思えてきます。


そんなアナルを目の前にしてしまうと舐めずにはいられないのです。


事前に「アナルは絶対いや」とでも言われない限り必ず舐めます。



ちなみにペロの初体験は挿入に失敗しております。


相手は当時の彼女で相手も初体験でした。


とても緊張してしまい挿入こそ失敗しましたが

その時もクンニとアナル舐めはしっかりとクリアしております。

(アナルは途中で拒否られましたが・・・苦笑)


挿入に失敗したショックよりも自分のクンニでイってくれたことが

何よりもうれしかったことを覚えています。


そう、ペロは生まれ持っての舐め犬クンニ野郎なのです。




話しが逸れてしまいましたが

そんな大好きなアナルなので掃除もクンニと同じく丁寧です。



先ほどのアソコの掃除の影響でアナル周りのお尻の割れ目には

ペロの唾液とSioさんのおつゆが混じったものが大量に溜まっています。



まずはそれをしっかりと吸い取っていきます。



ズズズズズズズー!



また、大きな音が響き渡ります。



「ひゃっ!あはは。」



Sioさんはちょっとくすぐったそうです。



アナルはアソコよりもつくりが単純なので

お掃除はそれほど大変ではありません。


しっかりと周りの水分を吸い取ったあとは

尾てい骨付近から丁寧に舐め上げていきます。


下から上へとお尻の割れ目の内側を

アナルをかすめるようにまずは右側から・・・

しばらく右側を舐めたあとは左側と・・・

こうして、何度も交互に掃除をしていきます。


そして徐々にアナル本体へ近づけていきます。



「うん・・、んっ!はぁ、はぁ、ペロくん、そこ汚いよ?」

「そんなところまで舐めちゃうのぉ・・・?」




はい、お掃除ですから当然です。



お尻の割れ目がきれいになったら今度はアナルに1点集中です。


アナルは細かいしわしわ一本一本にしっかりと舌をそわせて

外側から中心へと舐めていきます。


しわの部分は細かい汚れが溜まりやすいので

しっかりと丁寧に舐めていきます。



「く・・・あっ・・・はぅ・・・。」



Sioさんは舐めるたびに力が入っているのが分かります。


アナルも舐める度にキュッと閉じたり、緩んだりを繰り返しています。


舌先に力を入れてアナルに差し込むと少し苦みを感じました。



ペロはアナルを舐めていると

なんとも言えない気持ちになります。


アナル・・・肛門は本来なら排泄物を出すための器官であって

それ以上でもそれ以下でもないはずです。


一般的な感覚の人にとっては人の躰の中で

最も汚いと認識されている部位です。


女性のそんな部位に自分の唇や舌が触れているなんて思うと

なんだかとてもいけないことをしているような感覚になり

何とも言えない興奮を覚えてしまうのです。



そして、アナルは普段生活をしている中では

いつも隠れた場所にあります。



たとえ、女性同士で温泉旅行に行った場合であっても

お風呂場で胸やアソコを恥ずかしげもなく晒す女性はいても

わざわざ、お尻を開いてアナルを晒す人なんていないと思います。


そんな女性の躰の中でも最も秘密にされている場所

その秘密の部位が目の前にあると思うだけで

ペロは死ぬほど興奮してしまうのです。



アナルはきっと多くの女性にとって

最も見られて恥ずかしい場所なのではないでしょうか。



そんな恥ずかしい躰の一部を

ペロの目の前にさらしてくれる女性に対して

ペロは特別な感情を抱いてしまいます。



《ああ、こんな恥ずかしい場所をこの人は惜しげもなく晒してくれている》



そう思うと、いとおしくてたまらなくなってしまうのです。



Sioさんはときどき全身をピクピクと痙攣させながら

今日会ったばかりのペロの目の前で

その大切なアナルを剥き出しにして晒し

そのアナルにペロの舌や唇が何度も何度も重なるのを

何も言わずに受け入れていただいております。



ペロはその間、たっぷりとSioさんのアナルの味、匂いを堪能し

アナルの形や色、しわの感触まで覚えるほどに一生懸命尽くしました。


本当に・・・本当に幸せなひと時です。



アナルだけでなくお尻の割れ目もしっかりとお掃除をしていきます。


アナルの匂いやぉしっこの匂いがしなくなるまで・・・

Sioさんの陰部でペロの舌が重なっていない場所はもう無くなりました。



最後に股の部分全体に付着したペロの唾液や

Sioさんの抜けた陰毛をしっかりとお口でキャッチして

お掃除タイム終了です。



『Sioさん、お掃除終わったよ。』


Sioさんに、お掃除完了のご報告。



「はぁ・・・はぁ・・・。」


「はぁ・・・すごかったぁ・・・。」



『ほんと?痛くなかった?』


「ううん、全然。こんなに、しつこく舐められたの初めてだよ」


『しつこいって(苦笑)、いやだった?』


「ううん。すごく良かった・・・。」


「なんか、こんなに一生懸命に舐めてくれて

       悪いなーって、思いながらも癒されたかも(笑)」



『今のは、お掃除タイムだからね。』


『これからが本当のご奉仕タイムだよ』


「そんなに続けて平気?・・・疲れてない?」


『全然、大丈夫。もっとSioさんを癒してあげたい・・・。』


「やったー、至れり尽くせりだね(笑)」


Sioさんがイタズラっぽく笑って言いました。


「じゃあ、あっちにいこっか・・・」


ソファに座ったままSioさんは手をペロに向かって差し出しました。


その手をしっかりと握り、ゆっくりとSioさんを立たせて

そのまま両手を繋ぎながらベッドへと移動しました。



Sioさんにベッドに横たわってもらった後

ペロはお風呂場へ行き、タオルを持ってきました。


そして、それをSioさんのお尻の下に敷きます。



ご奉仕タイムは唾液や愛液などで

アソコがかなりびしょびしょになります。


それがお尻を伝ってシーツに垂れてしまうと

あとあと、気持ちが悪いので

あらかじめ、こうやってタオルを敷いておきます。



『じゃあ、いくね・・・。』



それが終わるとペロはすぐにSioさんのアソコめがけて

顔を埋めクンニのご奉仕を始めました。



ちゅば・・・ぴちゃ・・・ちゅるちゅる・・・ちゅぱ・・・。



これまでとは明らかに違う音を立てながら

ペロの舌がSioさんのアソコ全体を這いずり回ります。



「やん・・、あっ!・・あっ・・・あっ・・・あっ!



Sioさんもそれに応えるように先ほどとは

明らかに違う喘ぎ声を上げはじめました。



ペロはSioさんの小さめのビラビラを

上下の唇で軽く挟みながら

そのビラビラに少し舌を添えて

割れ目に沿うような形でスライドしていきます。



まるで、ビラビラを唇と舌で優しくマッサージするように

片方ずつ、丁寧に挟んだままスライドしていきます。



くちゅ・・・・・・くちゅ・・・・・・



時々、ペロの下唇がSioさんの割れ目の真ん中に溜まった

愛液の水たまりに入ると、その度にかすかに音がしました。



「んはぁ・・・はぁ・・・んん!」



ビラビラがしだいに柔らかくほぐれていくのが分かりました。

Sioさんのアソコは熱く充血したようになってしまっております。



ひとつひとつの作業を丁寧にしつこく攻めていきます。


そして、今度はビラビラの内側と外側をペロの舌先を使って

ヘビの舌のようにチロチロと小刻みに動かしながら

割れ目に沿うように上下に何度も往復していきます。



「ああっ!はぁ・・んもう!、さっきと全然舐め方違うしぃ・・・」



はい、当然です。


今までのはあくまでも、お掃除ですから。


気持ち良くなって頂くためのご奉仕はこれからなんです。



SioさんはHでイッたことが無いのが悩み・・・。


オナニーではイけるらしいのですが

それでも指だと30分以上は時間がかかってしまうそうです。


ちなみに最近買った電マを使うと5分でイケるそう(笑)



今回、Sioさんとお会いする直前のやりとりで、Sioさんから

“クンニだけでイカせてほしい”

というオーダーを頂いておりました。


舐め犬をやっているとオナニーではイクことができるけど

Hの最中ではイったことが無いという相談をよく受けます。


このブログを読まれている方の中にも

そういった方は多いのではないでしょうか。



でも、全然心配することなんて無いと思います。



オナニーですらイったことが無いのならともかく

少なくともイク感覚を経験したことがある女性であれば

誰でも必ず比較的簡単にクンニでイクことが出来ます。



電マほどの高速運動は無理だとしても

女性の呼吸に合わせて舌のスピードと強弱を調整したり

舐める部分や状態によって舌のすべり具合が

ちょうどよくなるように唾液の量を調整したり

クンニはあなたを最も気持ち良い状態にさせる

玩具へと変化させることが可能なのです。



そして、同じイクにしても

電マでイクのとクンニでイクのとでは

雲泥の差だと思います。


クンニによる絶頂は驚くほど深い満足感が得られます。


たとえ、オナニーでもイクことを経験したことが無い女性でも

クンニでイクことはそれほど難しいことでは無いと思います。


クンニの女性を癒す力は絶大なのです。



「あっ・・あっ・・・んん・・はぁ!・・はぁ!・・はぁ!」



先ほどのお掃除タイムの効果もあってか

Sioさんのアソコはすでに洪水状態。


タオルの上にはペロの唾液とSioさんの愛液が混ざった

大きな染みが出来てしまっています。



ペロはSioさんのビラビラをメインに愛撫しながらも

さりげなくSioさんのクリトリスの皮に唇が触れるようにし始めました。


あくまで偶然触れているように・・・。

あたかもペロがクリトリスの存在を無視しているかのように・・・。



「はぁ・・・はぁ・・・あんっ!・・・はぁ・・・はぁ・・・」



時々、クリトリスに唇が当たるとSioさんからかわいい声が漏れます。



そして、Sioさんのクリトリスはすぐに皮から顔が出てしまいました。


赤くテカったビーズ玉のようなクリトリスが剥き出しです。



《あぁ・・・Sioさんのクリトリスがこんなに充血してる・・・》



そんなSioさんのクリトリスを見ていると

またしても、愛おしい気持ちになってしまいました。



ゆっくりと、Sioさんのクリトリスにペロの唇を近づけます。


まるで、大好きな女の子と初キッスするかのように

やさしくSioさんのクリトリスにキスをしました。



あん・・・あっ・・・あっ・・・・・」



何度も何度も小鳥のようなキスを交わします。



先ほど、あれほどのおつゆが溢れ出した膣穴からは

まだ、大量のおつゆが溢れ出てきます。



《Sioさんにもっと、もっと気持ち良くなってもらいたい・・・》



『Sioさん・・・。』


「はぁ・・・はぁ・・・なぁに?・・・」


『Sioさんのこれ、思いっきり舐めていい・・・?』


『Sioさんのこれ、もう食べちゃっていい・・・?』


「ん・・・はぁ・・・・いいよ・・・・食べて・・・やさしくね・・・」


『うん・・・』



ペロはSioさんのアソコ全体を包み込むように

大きく口を開けてアソコ全体を覆いました。


そして、そのままアソコに吸い付きました。


ちゅぶぅう・・・ちゅぶっ・・・・ちゅばっ・・・・。



先ほど溢れていたSioさんのおつゆが

ペロの口の中に入りそして喉を通っていきます。



この日だけで、どれだけSioさんのおつゆを飲んだか分かりません。


Sioさんには内緒にしてましたが

ここまで、途中何度か音が出ないように

注意してゲップを出してました。
(汚い話ですみません・・・)



しかし、女性のアソコから出てくるおつゆで

お腹いっぱいになれるなんてこんな幸せなことはありません。



おくち全体でアソコを覆った状態のまま今度は舌先で

クリトリスを弾くように刺激していきました。



「あっ・・・ああ!・・・あっ・・・あっ・・・ああ!



何度も・・・何度も・・・。


これまで徹底して無視してきたクリトリスを

今日、初めて集中して攻めました。



そしてすぐに、今度は唇を小さくすぼめてクリトリスにあてがい

軽く吸いつきました。


するとクリトリスが完全に皮から剥き出しになり

飛び出てペロの唇に挟まる形になりました。


赤ちゃんのような小さい枝豆のように飛び出てきたそれを

唇で挟んだままで舌先を小刻みに震わせ刺激を与えました。



「あん!・・・ぁあっ!・・ぁあっ!・・ぁあっ!


「あ・・・あぁ・・・やばっ!・・・イク・・・イっちゃう!




クリを攻めてから2分も経っていなかったと思います。


Sioさんからその言葉を聞いたとき


《よし、電マに勝った!》


と心の中で小躍りしてしまいましたが


このままSioさんにイってしまわれたら

ペロの舐め犬としてのプライドが許しませんでした。



Sioさんの悩みはHでイったことが無いこと。


オナニーではイったことがあっても

何度もイケるようなタイプの女性ではありません。


イった後は強烈な眠気に襲われるのだとか。



中には何度も軽い絶頂を連続で楽しめる女性もいらっしゃいますが

Sioさんは少なくともそういったタイプの女性ではありません。



そんなSioさんからのオーダーである


「Hでイってみたい!」


という願望を本当の意味で叶えるには

このままイカせてしまってはいけないと思いました。


ご奉仕タイムだって、まだまだ始まったばかりです。



ひとまず、クリトリスから退却し

舌先を尖らせてビラビラの内側を

上下にゆっくりと這わせました。



段々スピードを速め、そしてスピードを落として・・と繰り返し

スライドの幅も小さくしたり大きくしたりを繰り返していきました。


大きくスライドする時だけはクリトリスにも舌先を当てていきます。


たまにSioさんがちょっと苦手であろうアナルにも舌先を這わせました。



「ん・・・はぁ・・・あんっ・・・はふぅ・・・はあ、はぁ」



たまにかわいい声をあげながらも

Sioさんの呼吸がだんだん落ち着いてきましたので

ここでまた容赦なくクリトリスを集中して攻めていきます。



「んん!!・・・あん!・・ぁあっ!・・・あん!・・・あぁ!



そして、またクリトリスから退却してから舌先を這わせます。



「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・気持ちぃ・・・」



これをしつこく何度も繰り返していきました。



繰り返していくうちにだんだんとクリトリスが敏感になっていくため

Sioさんのクリトリスはもうパンパンです・・・。



そんな状態のクリトリスに集中する時は

慎重にSioさんの呼吸を感じ取り

退却どきを見極めないといけません。



いつの間にか汗だくになったSioさんがペロに言いました。



「はぁはぁ・・・ペロくん、そろそろ私イキたい・・・」


「・・・そのままクンニでイカせてくれる・・・?」



《かしこまりました!》



ペロは心の中で一度敬礼してから

そのまま無言でSioさんのアソコから舌を離し

体勢を変えることにしました。



ペロの頭とSioさんの頭が互い違いになるように

横たわるような感じに移動してから

Sioさんの足を抱え上げ、まんぐり返しの状態にしました。



まるで男女が逆のシックスナインのような体勢ですが

ペロはSioさんに跨ることは無くSioさんに寄り添った形。



そして、その体勢で大きく口を開けSioさんのアソコを覆いました。



先程とは口の向きが逆になっているので

ペロの上唇はSioさんの膣穴とアナルの間に

そして、下唇はクリトリスのすぐ上の位置にあります。


隙間ができないようにしっかりと口全体で

強めにSioさんのアソコを包み込んでいます。


包み込むというよりも

“むしゃぶりつく”

といった表現の方がピッタリかもしれません。



その口の中で舌先をクリトリスに当てました。


Sioさんのクリトリスはパンパンに腫れ上がり

そして、ペロの舌よりも熱くなっていました。


そのまま舌をゆっくりと回転させていきます。



「あんっ・・・あっ・・・あっ・・・あっ!



だんだんスピードをあげていきます。



あはぁっ!・・・あんっ!・・・あっ!・・あっ!・・・」



最後はもうこれ以上ないくらいのスピードで

舌を痙攣させるように全エネルギーを舌先に使いました。



「ああ!・・・イク・・・イク・・・イクっ!・・・イっちゃう!!



「・・・・・・・・・・!!!!」







ペロの口の中でSioさんはあっという間に絶頂を迎えました。



『はぁ・・・はぁ・・・Sioさん大丈夫?痛くなかった?』



「ううん、全然だよ」


「めちゃくちゃ・・・最高だった・・・。」



《Sioさんから最高の言葉を頂きました》



Sioさんが“おいで”のポーズをしたので

ペロはSioさんの胸にうずくまりました。



Sioさんの息遣いはまだ収まっていません。


このイった直後の女性の表情って

何故こんなに色っぽいのでしょうか。



息を必死で整えながら笑顔でこちらを見つめられると

なんだか自分のために頑張ってくれたように感じてしまい

それを見て愛おしく思ってしまうのです。



飼い主の喜ぶことをして生きがいを感じる忠犬たちと

ペロも同じような気持ちなんじゃないかなと思います。



Sioさんはペロの頭をなでなでしてくれています。



ペロはオナニー介助犬として、これからも一生

舐め犬を必要とする女性に仕えたいと心に誓うのでした。



ふと、Sioさんが頭を撫でるのをやめて

ブラウスの袖でペロの顔を撫でまわし始めました。



「すごい汗・・・」



気付いたらペロは顔から大量の汗を流していました。



「がんばったねー。ご褒美あげる・・。」


ちゅっ・・・。



ご褒美にキスを頂いてしまいました・・・。



気付くと、時間はすでに午前4時過ぎ。


それから二人でホテルを後にして

近くのマックで始発までお互い眠い目をこすりながら

たわいない話をして過ごしました。



始発の時間が来ると駅に二人で向かいました。

そして、解散する直前くらいにまた会う約束をしました。



こうして、Sioさんとの初めてのご奉仕体験が終わりました。







長々となってしまいましたが

ペロの舐め犬体験を読んで頂きありがとうございました!



ちなみに、今回の舐め犬体験はペロにとって割とソフトな体験です。


最初の体験話なのでだいぶソフトなものを選びました。


もっと、ハードなものをご希望であれば

是非ともメッセージをお送り下さいませ。




Sioさんとはそれからもペロが横浜から引っ越すまで

何度か舐め犬として使って頂き、お世話になりました。


Sioさんはとてもきれいな方だったので

この初日は次もまた会えることがとても楽しみにしていましたが

この時、まだペロはSioさんの本性を知らなかったのです。


2回目以降は、それはもう徹底的に

舐め犬としてこき使われました(笑)


しかし、こき使われれば使われるほど興奮し

幸せを感じるペロなのでした。



それでは次回の新しい体験談をお楽しみください。

次回はまた別の方との体験談を予定しております。

それではまた!


もしよろしければ最後にランキングへの応援をよろしくお願いします
⇒ 

別窓で開きますのでそのあと年齢認証してお入りください。

先ほど見たら7位でした!

皆様のおかげです!

ありがとうございます!!



このブログでは貴方様からのメッセージを募集しております。

ちょっとした感想から、クンニの相談までお気軽にお問合せ下さいね☆

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら



トップへ戻る
[ 2012/08/17 01:01 ] ご奉仕日記 | TB(0) | CM(0)

オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.1


名古屋の舐め犬ペロのブログに

今日もお越しいただきありがとうございます。



毎日多くの方々に来ていただいているようで

本当に感謝、感激でございます。


まだまだ、始めたばかりのブログですが

ここのところ、ご質問や悩み相談など多くのメッセージを頂いております。


まだ、返信が追い付いていない方もいらっしゃいますが

ひとつひとつ真剣に返信をさせて頂きますので

しばらくお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。



このブログではあなた様からのメッセージ、コメントを

募集しておりますのでいつでもお気軽にメッセージを下さいませ。

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら


もちろん、いきなりのご奉仕のご用命も大歓迎でございます。

近場の方からが優先となってしまいますが

出来る限り、ご要望には応えていくつもりです。



さて、本日からの体験談は前回紹介させて頂いたSioさんと出会うよりも

さらに2年程前、まだペロが札幌にいた頃のお話でございます。


前回の体験談をまだお読みでない方は是非、ご覧くださいませ。

前回の記事を読みやすく1話にまとめさせていただきました。
↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
家電量販店販売員のSioさんとの初回ご奉仕【完結版】

連載で読みたい方はこちらから
↓    ↓    ↓    ↓
Sioさんとの舐め犬日記1



札幌にいた頃と言いましてもペロは札幌に2回引っ越した経験があり

これはその2回目の札幌生活の時のお話でございます。


ちなみにペロは1回目の札幌生活で舐め犬としてデビューしております。


札幌は舐め犬であるペロにとって心の故郷でもある街なのでございます。


今回のお相手は地元の国立大学に通う大学院生のロビリン様。


自称“オタク女子”の23歳の女子大学院生なのであります。


ちなみに、この頃“腐女子”という言葉が世間で流行りだした時期でもあり

ペロが間違ってロビリン様に対して腐女子と表現してしまい


「腐女子は違いますから!全然別物ですから!」


と良くメールでお叱りを頂戴しておりました。


みなさんはこの二つの違い分かりますか?


そんなロビリン様のご指導のお蔭もあり今ではその違いを

はっきりと区別できる立派な犬へと成長することが出来ました。



《ああ、この人は腐女子では無くてオタク女子だな》


《ああ、こちらの方はオタク女子でもあり尚且つ腐女子だな》



今では瞬時に判断することができます。


本当に感謝しております。



そんなロビリン様との出会いは、冬真っ盛りの11月ごろでした。


11月は関東や東海圏ではまだまだ秋といった感じですが

ここ札幌では完全に雪景色。


道路は毎日のように除雪車が動いているので

それほど雪はありませんが歩道は完全に雪に覆われ

アスファルトは全く見えない状態です。


ちなみにロビリン様との1回目のご奉仕はあまり時間も無く

お試しのような形で終わってしまいましたので

今回はそのリベンジご奉仕ということでロビリン様より

ご用命を頂いた時の体験談をご紹介させて頂きますね。



続きを読む前にポチっとブログの応援よろしくお願いします
⇒ 







「今日とか、また大丈夫ですか?」



前回のご奉仕からちょうど一週間後そのメールは届きました。



待ち合わせの場所は札幌の方ならきっと誰もが知っている

ロビンソンという百貨店。(今はもう閉店してしまったようです)


その日は観光客など大勢の人がいたので

途中で待ち合わせ場所を変更。

ちょっと細い道にあるコンビニでロビリン様を待ちます。



しばらくするとムートンブーツに

たくさんヒラヒラのついたキュロットスカートをお召しになった

黒髪の童顔メガネ女子がいらっしゃいました。


ロビリン様です。


ロビリン様はとってもシャイな方で2回目だというのに

まだぎこちない様子です。


終始うつむいた姿勢で小声で常に敬語でした。


聞くところによると、誰に対してもこんな感じなのだそうです。


人見知りが激しいのか常にうつむいた感じで

あまり喜怒哀楽を見せず淡々としたその口調に

少しミステリアスな印象を持ちました。


「あのじゃあ、行きますか・・・」


『あ、はい・・。』



この日の行先はなんとロビリン様のお部屋。


ぎこちないながらもペロをお部屋にご招待いただき

気を許して頂いていることを感じとても嬉しかったです。



足元も悪いので颯爽とタクシーを捕まえ

ロビリン様のお部屋へと向かいます。



《あぁ。やっぱり短めのスカートはいいなぁ・・・》


早速そんなことを考えながら脳内で一人楽しんでいると

突然、ロビリン様が仰いました。



「あの・・・メールでも言ったんですけど・・・」


「今日は、良いって言うまではクリは舐めないでください・・・。」




タクシーの運ちゃんが聞き耳を立てているかも知れないのに

お構いなしに車の中で打ち合わせを始めようとするロビリン様。


シャイというより天然なのかなと思いました。



『あぅへ?あ、はい!そうだす・・ねぇ!』

『クリ・・・えっとマロンケーキのマロンは

 やっぱり最後までとっておくべきですよね!!えへへ!』

『あー、でも楽しみだなぁ!栗たっぷりのマロンケーキ!!あはは!』



実際にはマロンケーキよりもショートケーキのほうが

断然好きだったのですがここは全力でごまかします。



実はロビリン様は1回目のご奉仕タイムの時に

15分も経たないうちに絶頂を迎えられてしまいました。


ロビリン様は男性のように賢者タイムがある方だったので

その日はあまり時間も無くそのまま終了となってしまったのでした。



「だから、今度は簡単にイカないように長時間舐めて欲しい」



2回目のロビリン様のオーダーは長時間のクンニ奉仕でした。







次回の記事へと続く
[ 2012/08/17 12:30 ] ご奉仕日記 | TB(0) | CM(3)

オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.2


名古屋の舐め犬ペロのブログに

今日もお越しいただきありがとうございます。



ここのところ更新頻度が以前より遅くなってしまい


更新はまだですかー?


といった、メッセージを頂きました。


知らない間にリピーターの方からこんなに愛される

ブログに成長していたことに嬉しさを隠しきれません。


こんな変態ブログなので、ご自宅でお一人の時しか

ご覧になれないかと思いますが

こりずに見てやって頂けると嬉しいです。



このブログでは貴女様からのメッセージ、コメントを

募集しておりますのでいつでもお気軽にメッセージを下さいませ。

もちろん、いきなりのご奉仕のご用命も大歓迎でございます。


近場の方からが優先となってしまいますが

出来る限り、要望には応えていくつもりです。

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら



さてさて、いつも通り前置きが長くなってしまいましたが

前回の続きを更新しましたので続きをご覧ください。


前回の記事を読まれていない方は

読み飛ばしにはお気を付け下さいね。


前回の記事はこちら↓
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.1



それでは続きをどうぞ。
     ↓








タクシーに乗って10分もしないうちにロビリン様のマンションにつきました。


札幌って、中心部をちょっと離れただけで

景色が全く変わってしまうんですよね。


道路にもマンションの前にも雪が大量に積もっておりました。


マンションの入り口は仕事熱心な管理人さんがいるのか

雪かきが丁寧にされていて小学低学年の背丈くらいの

大きな雪の壁が出来ております。


タクシーから降りて、その大きな雪の壁の間を抜けて

エントランスに入りロビリン様の部屋へと向かいます。


エレベーターに乗り、どちらからともなく手を繋ぐと

それがなんか、ドキドキして・・・


さらに、ロビリン様の良い匂いが近づいてきて・・・。

ペロの おてぃんてぃん はすぐに おっき しました(笑)



ペロはそういう雰囲気にとても弱くて



《これから、えっちなことするぞ!》



っていう場面で手なんかつないだりすると

大抵ペロジュニア(5世になるのかな?)が おっき しています(笑)


学生時代に彼女とお泊り前提の花火大会に行った時なんかは

確か、一日中 おっき していたかも知れません・・。

いや、一日中していました・・・間違いありません。

(その後、ちゃんとペロの中の花火も打ち上げました。
    その頃はノーマルだと思っていたので・・・。)



お部屋に入ると意外と普通の女の子のお部屋。


女の子独特のいい匂いが充満していてとても興奮しました。


ただ一つ普通の女の子のお部屋と違ったことは

窓の無い両側の壁には大きな本棚が設置してあり

その本棚にはぎっしりとマンガが並べられておりました。


ロビリン様の大好きなワ○ピースの単行本も綺麗に並べられております。


これがまた、1巻から順番にきれいに並べられていて

しかもネットカフェでよくあるようなビニールのカバーで

しっかりと漫画が保管されておりました。



《これ、全部読むのに何日かかるんだろう・・・。》



そんなオタク女子大生の独り暮らしのお部屋を

興味深く見ているペロの横で、ロビリン様はお部屋の中央に

畳んであったお布団を広げておりました。


そして、ただ立ち尽くしているペロを横目に

せっせと何やらセッティングをしておられます。


敷布団の上に大きいバスタオルを敷いて
(これは前回学んだのかな?)


枕元に50冊くらいのマンガをセットしておりました・・・


そして、布団に横たわり何やら怪しげな道具を

ロビリン様のお胸の上にセットし始めました・・。



どうやら、寝ながらマンガを読むための未来の道具のようです。
(後々聞いたら“読書スタンド”って言うらしいです)



『さすが・・・プロですね・・・。』


訳の分からないほめ言葉でご機嫌を伺いましたが

その反応も無く、ロビリン様・・・そのまま寝そべってしまっております。



「あの・・・今日は私、結構汚れてますから。しっかりとお願いします。」



結構汚れてますから・・・。


一般人には到底理解出来ないであろうこの発言の意味。

皆さんなら分かって頂けましたよね。



そうです。

今回もお掃除タイムからのご奉仕でございます。



その発言から微動だにせずM字開脚の姿勢で

マンガを読み始めてしまったロビリン様。


Goサインが無いまま漫画に集中してしまっております。



恐る恐る、キュロットスカートの隙間から鼻を突っ込みました。



《ああ、ここ、この辺・・ロビリン様の匂いが充満してる・・・。》



ペロのお鼻がお掃除のターゲットを早速探し当てました。



ちなみにペロは女性の股間の匂いとカレーの匂いであれば

警察犬よりも203馬身以上の差をつけてたどり着く自信があります。


そして、一度嗅いだことのあるおまんちょ様の匂いは一生忘れない

おまんちょソムリエの資格を持つエリート舐め犬なのでございます。



《雨の後のぬかるんだ地面に生えるすがすがしい

              木の皮の香りをもったおまんちょ》



早速、この日もイマジネーションが降りてきました。



そんな風にロビリン様のアソコの匂いを堪能していると・・・。



「あの・・・脱がさないんですか・・・?」

「もう脱がしていいですよ。」



こんなやらしいことをあくまでマイペースに

そして、躊躇なく言ってしまうロビリン様にとても興奮しました。


ロビリン様は第一印象と全く違い完全にSと化しているようです。



『あ、はい。じゃあ・・・脱がせますね・・・。全部ですか?』


「はい、全部でお願いします・・・。」



ちょっと、事前のメールでの打ち合わせと違いましたが

ご用命通り全部脱がすことに・・・。



スカートを脱がせるとサテン生地の可愛い下着が現れました・・・。

それをもうちょっと堪能したい気持ちを抑え下着に手を掛けます。


ロビリン様のお肌はすべすべしていて

何の引っ掛かりもなくスーっと下着がつま先の方へと滑っていきました。


下着を脱がすとピンッと立った陰毛を生やした

ロビリン様の股間が現れました。



さすが、道産子です。

股間から足のつま先まで真っ白で透明感のある

とてもきれいなお肌をしておりました。


そして、ロビリン様の下半身が露わになった状態で

先ほどのM字開脚へと戻していきます。




・・・・ロビリン様のアソコがとうとう剥き出しになってしまいました。



ロビリン様のアソコは“今日は汚れている”という予告通り

ところどころに白いカスが付着しております。


そして、ビラビラが小さすぎるのか割れ目が閉じており

また、周りに毛が全くないので子供のようなアソコでした。



そして、さらに脚を広げていくと

その割れ目がゆっくりと割れていきました。



・・・・・ ちゃっ・・・・・。



割れ目の間が開いていく時

小さいですが、確かにそんな音がしました。







次回の記事へと続く
[ 2012/08/21 12:58 ] ご奉仕日記 | TB(0) | CM(0)

オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.3


名古屋の舐め犬ペロのブログに

今日もお越しいただきありがとうございます。


このブログではあなた様からのメッセージや

コメントを随時募集しております。


このブログを見てペロにちょっとでも興味を持たれましたら

一言でも良いのでコメントやメッセージで構ってやってくださいね。

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら



さて、本日も前回の続きとなります。


前回の記事を読まれていない方は

読み飛ばさないようにお気を付け下さいね。


前回の記事はこちら↓
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.1
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.2



それでは続きをどうぞ。
     ↓








脚を広げていくと閉じていた割れ目が

ゆっくりと開いていきます。


それと同時にかすかですが


・・・にちゃ・・・


という音がまたロビリン様のアソコから聞こえてきました。



この音、ぴったりと くっ付いていた割れ目が

ゆっくりと剥がれていく音だったんです・・・。


とても・・・とてもいやらしい音でした・・・。



ロビリン様の姿勢が完全にM字開脚の姿勢になると

閉じていたロビリン様の割れ目もパックリと割れてしまい

割れ目の隙間でかくれんぼしていた小さな可愛いビラビラと

注意して見ないと気付かないくらいの小さなクリトリスが

完全にペロの前に姿を現しました。



《あぁ、ロビリン様の可愛いビラビラとクリトリスが出てきちゃった・・・。》



ペロはそのまま誘われるようにそのパックリと割れた

割れ目の中心を目指して鼻を近づけていきました。



鼻を近づけ始めるとるとすぐに

  ツン・・・

とする刺激がペロの鼻を襲いました。


柑橘系の果物のような匂いと、浜辺の潮のような匂いが混ざっていて

ときどき、まろやかな乳製品のような匂いもしました。


普段の生活の中で染み出てしまったおりものや

拭き残してしまったぉしっこと汗が混ざった匂いです。


そう、これはロビリン様の普段の生活そのものが凝縮した匂いなんです。


ペロはそんな女性の生活が凝縮した匂いを嗅いでいると

オスとしての本能の部分が直接刺激されてしまうためか

すぐに おてぃんてぃん が熱く固くなってしまいます。



ロビリン様の匂いにすっかり酔ってしまったペロの股間は

じんじんと熱くなりズボンの中で窮屈な状態なっていました。



《あぁ、本当にいい匂いするなぁ・・・。》



すぅ~っと、肺いっぱいにロビリン様のアソコの匂いを取り込みました。


そして、さらに鼻を近づけていきます。



・・・ぴちゃ・・・



ペロの鼻がロビリン様のアソコに当たりました。


直接、アソコに鼻を当てて匂いを嗅ぐと

ぉしっこの匂いが一段と強く感じられます。



ペロは女性のぉしっこの匂いを嗅いでいると

なんだか、とてもいけないことをしているような感覚になって

ちょっとしたうしろめたさと引き換えに大きな興奮を覚えちゃうんです。


臭ければ臭いほど興奮してしまう変態犬なのでございます。



さて・・・。そんな風に興奮して悦に入っているペロのことなんかお構いなしに

ロビリン様は例の道具を使ってマンガを読みふけっておいででございます。



この日のロビリン様はペロを完全に犬として使用されるご予定です。


変態である舐め犬にとってこれ以上ない幸せですね。

股間がきゅんってなっちゃいます。



まず最初の舐め犬としてのお仕事はロビリン様のアソコのお掃除です。



ロビリン様のアソコの割れ目付近にはネバネバした薄茶色のものが

壊れた蜘蛛の巣のようにへばりついてしまっています。


布団に横たわってすぐにロビリン様が宣言された通り

見事なくらいに汚れてしまっております。



これからそれを忠実で従順な舐め犬として

きれいになるまで掃除しなければなりません。



事前にご用命頂いたからには例えそれが

どんな状態であっても遂行していくのが

舐め犬としてのプライドです。



このブログを読んでいるあなたにとっては

“どんな罰ゲームだよ”

とお思いかもしれませんね・・・。


大丈夫、ペロは案外幸せです。



まずはしっかりと舌全体を使いながらところどころに

散らばっている白いカスを舐めて拭き取っていきます。



ぴちゃ・・・ぴちゃ・・・ペロッ・・・ぴちゃ・・・



一生懸命ご主人様に尽くすように舐めていきます。


丁寧に丁寧に・・・一生懸命に舐めていきます。



ロビリン様の一番恥ずかしいところに

ペロのお口と舌が触れているというのに

ロビリン様は気にも留めずマンガを読んでいます。



ペロッ・・・ぴちゅ・・・ペロッ・・ぴちゃ・・・



周りに毛がほとんど無いためスムーズに掃除が進みます。



ペロッ・・・ペロッ・・・ぴちゅ・・・ペロッ・・・



あっという間にロビリン様の白いマンカスを掃除し終えると

お次は割れ目にベッタリとへばりついてしまっている

蜘蛛の巣のようなネバネバを舌先で絡め取っていきます。



ちろちろ・・・ちゅぱっ・・・ちろちろ・・・・・



舌先で・・丁寧に・・・・丁寧に・・・・。



「あっ、あんっ!」



突然ロビリン様から可愛い声が漏れました。



「はぁはぁ・・・・あの、もっと違うとこからお願いします。」

「なんか・・・もぉ、きもち良くなってきちゃったので・・・。」



《か・・・かわいい・・・。》



本当はこのまま気持ち良くして差し上げたかったのですが

ご主人様のご命令とあらば仕方がありません。


ロビリン様から再度、ご指示頂き

ひとまず、ふとももから股関節にかけて

掃除をすることになりました。







次回の記事へと続く
[ 2012/08/22 12:18 ] ご奉仕日記 | TB(0) | CM(0)

オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.4


貴女はクンニしてもらいたい時

はっきりと相手に伝えられますか?



クンニに限らずエッチの時は

誰もがもっと気持ち良くなりたいと思うもの。


逆に相手を気持ち良くさせたいって気持ちも

少なからず誰もが持っていると思うんです。



ペロのブログを見てメールを下さる方のほとんどが


「彼氏が舐めてくれないんです・・。」

「エッチの時は自分だけが頑張って、相手はただ入れるだけ・・・。」

「フェラはさせるくせにクンニは全くしてくれない・・・。」


そんな悩みを持ってメールを下さいます。



「私だってもっともっと感じたい!」

「むしゃぶりついてくるような激しいクンニをして欲しい!」

「いつも、途中で終わる!だからイクまで舐めて欲しい!」


そんな願望を文章でぶちまけて頂いております(笑)



もし、あなたに現在パートナーがいらっしゃるなら

その方にたっぷりクンニしてもらうのが一番ですよね☆



だから、ちょっとだけ勇気を出して

自分の願望を伝えることも必要だと思うのです。



でも、せっかく勇気をもって伝えても

舐めてくれない男性っているみたいですね・・・。


いえ・・・趣向は人それぞれなので仕方ないとは思うのですが

ペロからしたら、ホント、信じられないです!


あんなご馳走、目の前にあったら舐めて然るべきです!

男の義務だと思うんですよね!(ペロの場合、趣味でもありますけど)



男たるもの、お腹が空いたらまずクンニ。

喉が乾いたら愛液なんです。


3度の飯よりクンニなんです。



興奮して何を言っているのか

自分でも分からなくなってしまいましたが

もともと変態なので許してくださいませ。



名古屋の舐め犬ペロのブログに

今日もお越しいただきありがとうございます。


このブログでは貴女様からのメッセージをお待ちしております。

ちょっとした感想から、クンニの相談まで

お気軽にお問合せ下さいね☆

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら



さて、今回も前回の続きとなります。


前回の記事を読まれていない方は

読み飛ばしの無い様にお気を付け下さいね。

オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.1
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.2
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.3



それでは続きをどうぞ。
     ↓








ロビリン様のぬれぬれのベタベタおまんちょが

とても名残惜しかったのですが

ここは一旦退却し命じられた通り太ももを攻めることにします。


先ほどまでペロの舌先が当たっていた

ロビリン様のあそこはペロの唾液で湿っており

とてもやらしく光っておりました。


そのやらしいあそこから両側に伸びた脚に目をやると

その透き通るような白さに一瞬で目を奪われてしまいました。



突然のふとももへの転勤命令に

正直、左遷させられてしまった気分でしたが


こんなきれいなふとももを見せつけられると

そんな気持ちは一気に吹き飛びました。



ちなみに、この日のご奉仕は真っ昼間からのクンニでしたので

ロビリン様のお部屋はカーテンを閉め切っていても明るい状態。


カーテンから染み出したおひさまの光が白い肌にあたると

本当に肌が透き通って見えました。


それくらい、白くてすべすべした太ももでした。



早速、その白いふとももにペロの舌先を這わせていきます。



太ももの内側を膝から出発して脚の付け根まで・・・

太ももをマッサージするように何度も舌を往復させました。



ロビリン様のふとももはほとんど引っ掛かりが無く

少し唾液を出しながら舐めていくと

ペロの舌先は簡単に滑っていきました。



ゆっくりと、ゆっくりと膝から脚の付け根までを

丁寧に舌先を使って往復し続けます。


時々、急に加速して脚の付け根まで舌先を走らせ

ロビリン様のあそこにかかるギリギリで急ブレーキをかけたりしました。



ロビリン様は相変わらず、こちらのやっていることはそっちのけで

マンガに集中しておりますが、急加速&急ブレーキの時だけは

脚がピクッと小刻みに閉じてしまうのが分かります。


それを、続けていると段々とその反応も大きくなっていって

猛スピードで脚の付け根に舌先を走らせると

大きく両足が閉じるようになりたまにペロの耳に

ロビリン様の太ももが当たりました。



舐めている場所は同じなのにスピードを変えるだけで

これほど、反応が変わってしまうロビリン様がすごく可愛かったです。



今回は、事前のメールでもペロはMに徹する予定でしたが

こういう反応をされてしまうとちょっとだけイラズラ心が芽生えてしまいます。


何度か、急加速&急ブレーキを織り交ぜながら舐め続け

その内の1回だけ急ブレーキをかけず

そのまま、ロビリン様のあそこの上を舌先で横切ってやりました・・・。



「はぅん!」



ほらね・・・やっぱり可愛い声が聞こえてきました。


ロビリン様ってすごく、可愛い声を出しちゃう人なんですよね。


そんなロビリン様の可愛い声を聴くたびに

ペロのあそこはキュンっとなりました。



それからはたまにブレーキが間に合わず

ロビリン様のあそこの上を滑走する形に(笑)


でも、2回目以降は中々あの可愛い声を聴かせてくれません。



様子が気になってロビリン様の方を見ると

腕を口に当てて目をつぶっておられました。



きっと負けず嫌いな性格なんでしょうね。

声だけは絶対に出さないように我慢していたんでしょう。


でもね、ロビリン様・・・。

脚は思いっきり反応しちゃってますよ・・・。



ちょっとイタズラが過ぎてしまったようなので

もう一度、しっかりと今度は舌全体を使って

ロビリン様の太ももを舐めていきます。



しつこいようですが、ロビリン様の太ももは本当にすべすべしていて

舐める時もあまり唾液を使わなくてもツゥーっと滑っていきます。


ペロは舐める時は滑り具合とかを調整するために

唾液の量を微調整するようにしてるんですけど

この時は舌についた唾液だけで十分なくらいでした。



丁寧に丁寧にロビリン様の太ももを舐め上げていきます。


ロビリン様の太ももはピリっと酸味のある塩味。


カ〇ビーのポテトチップスに例えると、フレンチサラダ味でしたが

膝の裏を舐めるとちょっと濃い目のうすしお味でした。


もしかしたら、ちょっとくらいは栄養あるのかも知れませんね(笑)



右が終わったら、今度は左・・・


とても、舐めやすい太ももでしたので

あっという間にロビリン様の太ももの中で

塩味のするところは無くなりました。



太もものお掃除を終えて先ほどお掃除途中だった

ロビリン様のあそこに目をやるといつの間にか

割れ目の中に滴が溜まっておりました。



ロビリン様の割れ目の中には

今にも垂れ落ちそうな滴がかろうじて

表面張力だけで留まっております。


お日様の光がそのロビリン様のおつゆを照らし

きらきらと反射して、いやらしく光っておりました。







次回の記事へと続く
[ 2012/08/27 11:58 ] ご奉仕日記 | TB(0) | CM(0)

オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.5


クンニして欲しいのに彼氏がしてくれない。


私はちゃんとフェラしてあげているのに

挿入したら彼氏だけイッて、それで終わり・・・。



そんなセックスばかりだと不満が溜まっちゃいますよね。



「自分だけ気持ち良くなっちゃって私のことはどうなの!?」


「フェラはさせるのにクンニしてくれない男ってなんなのさ!」



このブログはそんな不満をもった女性のために立ち上がり

決して見返りを求めず、ただ女性の快楽のためだけに

従順に、そして一生懸命ご奉仕し続ける

愛と勇気と希望に満ち溢れた紳士のブログでございます。



つまり、ただの変態ブログなのでございます。



あなたの日頃の鬱憤をこの舐め犬ブログを通して

少しでも解消してもらえたら嬉しいです。







名古屋の舐め犬ペロのブログに

今日もお越しいただきありがとうございます。


このブログではあなた様からのメッセージをお待ちしております。

ちょっとした感想から、クンニの相談まで

お気軽にお問合せ下さいね☆

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら



さて、今回も前回の続きとなります。


前回の記事を読まれていない方は

読み飛ばしの無い様にお気を付け下さいね。

オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.1
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.2
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.3
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.4




それでは続きをどうぞ。
     ↓








さっそく、そのきらきらと輝いたおつゆを

頂きに参りたいところでしたが


さっきみたいに刺激を与えすぎてしまうと

また、どこかに左遷を命じられかねません。


ですので、ここはおつゆを飲みたい気持ちをグッとこらえ

股関節のリンパ線が密集したあたりを

優しく、そしてねっとりと舌先でなぞっていきます。



ぺちょ・・・ぴちゃ・・・ちろ・・ちろ・・・



静かな部屋だったのでやらしい音がとても良く響きました。


スピードに変化を与えながら

上下に股関節をマッサージするように

ペロの舌を這わせていきます。



しばらくそれをしたら、今度は舌先を回転させて

さっきと同じ場所をちろちろと舐めていきました。



「ふぅぅ・・・・・」

「はぁぁ・・・・・」

「ふぅ・・・・・・」



先ほどから頑なに声を出すことを拒否しているロビリン様。


声を押し殺しながらも、ときどき深呼吸のような

吐息を漏らしておりました。



気付いたら、さっきまで割れ目の間に溜まっていた

ロビリン様のおつゆは、とうとう表面張力が崩れしまい

アナルに向かって垂れはじめてしまっておりました。


かわいいおまんちょの小さなびらびらだけでは支えきれず

小さい滝の様に垂れてしまったそのおつゆは

太陽の光に照らされてすっごく、いやらしかったです。



じつはロビリン様からは会う前にずっと

濡れにくいのが悩みだということを聞いておりました。


でも今では十分なくらい濡れてしまっております。



そんなロビリン様から出てきたおつゆを

今すぐにでも吸い取ってあげたい気持ちを抑えながら


口をとがらせて、そのおつゆが溢れ出ている膣穴周りを

ぴちゃ、ぴちゃ音を立てて突っつきました。



ぴちゃ、ぴちゃ・・・ぴちゃ、ぴちゃ・・・。



『あの、ここからたくさん汁が出てきちゃいましたよ・・・。』



一応、ロビリン様に成果報告を上げておきます。


言葉攻めというよりも、今まで濡れにくかったあそこが

こんなに濡れていることを知ってもらって

それを、心の中でも良いので褒めてもらいたかったんですよね。


ペロは褒められて伸びる子なのです。



ですので、ロビリン様が今、ペロのお口の刺激のせいで

濡れてしまっていることしっかりとペロは主張いたします。



びちゃ・・・ぴちゅ・・・ぴちゃぴちゃ・・・。


『あの、ここのこれ・・・こんなに出てきましたけど・・・。』


びちゃ・・ぴちゃ・・。


『これ、どうしたらいいですか・・・?』



ちょっと強めに突っつきながらロビリン様に尋ねました。



「あん・・はぁ・・・ん・・・うん・・」


「あの・・・舐めちゃってください!」



相変わらず、声は控えめですが発言は大胆です。



《ラジャー!》



心の中で一礼したあとペロの舌を使って

ロビリン様のおつゆを吸い取っていきました。



じゅぷ・・・ちゅるっ・・ぴちゅ・・ぺちゃ・・ちゅぅ・・ぴちゃ・・・。



「はうん!・・あ・・うんっ・・はぁはぁ・・」



下から上へと、じっくりとゆっくりと

ペロの舌を絡めて吸い取っていきます。


ぴちゅ・・ちゅっ・・・ぴちゃ・・。


ずずっ・・ぴちゃ・・・。



「あふ・・・あん・・・あんっ・・あっ・・」



ああぁあ!!」



突然ロビリン様が大きな声を上げて太ももで

ペロの頭を強く挟みました。


そして、そのまま横に倒れてしまったので

首を極められそうになったペロも

たまらず横に倒れました。



「はぁはぁ・・・あの、今度は後ろ・・・」

「いいですか・・・?」



そう言うと、倒れた読書スタンドを枕元へ置いて

ロビリン様は完全にうつ伏せの体勢に。


そそくさと、すぐそばのマンガを手に取り

途中読みだったそれを読みながらペロに言いました。



「今度は、お尻舐めてください。」


「太ももからお尻まで全部お願いします。」


「30分くらい舐めたらあとはアナルも舐めてください。」



『え・・?あ、はい・・・。』

『分かりました・・・。』



先ほどまでの可愛い声とは一転して

落ち着いた口調で立て続けに3つのご命令を頂きました。


しかも、今度は時間指定付きです。



これほどまでに毅然とした態度でご命令頂いたのは

ロビリン様が初めてかも知れません。


なんともわがままで自分勝手で

自分の快感に正直なロビリン様の様子を見ていると

ペロは心から尽くしたいと思ってしまいました。


やっぱり、ペロは変態ですね。



目の前にはロビリン様の真っ白い

雪のようなお尻が横たわっております。


プリっとした見事な桃尻です。



これからこの桃尻を思う存分舐められるのかと思うと

めちゃくちゃ幸せな気持ちになり

興奮が止まりませんでした。







次回の記事へと続く
[ 2012/08/28 11:16 ] ご奉仕日記 | TB(0) | CM(2)

舐め犬の妄想クンニ画像第一弾 ~舐め犬の正しい使い方~


あなたはどんなクンニをされてみたいですか?


もし、舐め犬を飼うとしたらどこをどんな風に

舐めてもらいたいですか?


そんな妄想のお手伝いとして新しいコーナーを設けました。
     ↓





舐め犬の妄想クンニ画像コーナーでございます。



このブログにいつもお越しになるリピーターの方へ

舐め犬体験談の記事をお待ちの間にでもご覧くださいませ。



これまでの記事をまだご覧になっていない方はこちら

オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.1
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.2
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.3
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.4
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.5



ではさっそくいきましょう。



クンニの姿勢にもいろいろありますけど

まずは基本姿勢からですね。



手を繋いで優しくクンニしていく舐め犬



女性のアソコの正面にしっかりと向き合って舐めていく

一番オーソドックスな舐め犬スタイルでございます。


一生懸命に舐めている時の顔を飼い主様に見られてしまうので

ちょっぴり、恥ずかしいのですが、


首もお口も自由に動かすことができるので飼い主様の呼吸に合わせて

適切なスピードと強弱をつけて舐めることが出来ます。


最もオーソドックスであり、最も舐め犬としての力量が試される姿勢であります。




お次はこちら

お掃除クンニで舌先でアソコの汚れを舐めとる舐め犬



舐め犬のお掃除タイムの様子でございます。



ちょっとだけ手を補助的に使い、あそこのしわを伸ばしながら舐めていくことで


あそこのしわとしわの間にこびりついてしまった

強力なまんカスも絡め取っていくことが出来ます。



お掃除タイムはただ、あそこをきれいにすることが目的ではありません。


あそこを舐めて綺麗にしていくことで、とても高い癒しを感じることが出来ます。


イク時の感覚とは一味違う癒しの感覚を味わうことが出来ます。


ヘッドスパの100万倍気持ち良いペロのお掃除タイムもどうぞご利用ください。



さて、お次です。

舐め犬の頭を掴んで欲望のままクンニさせる女性




これはペロの願望でもあるのですが

このように頭をつかんで飼い主様のお好きなところに

ペロの顔をこすり付けてやって欲しいです。


まるで、バイブや電マを使うように

この時だけはただのオナニー道具になりたいのです。


他のどんな大人のおもちゃにもペロは負けませんよ。




お次はこちら

四つん這いで舐め犬に後ろからクンニさせる女性



後ろからのクンニってじつはすっごく舐めやすいんです。


もちろん、体制はちょっときつくなっちゃいますが

顔とお尻がちょうど良い具合にフィットして

とにかく舐めることに集中することが出来ます。


鼻先で軽くアナルを刺激しながら

上唇、下唇、舌先がそれぞれ独立した生き物のように

自由に動かしてあそこ全体を刺激しちゃいます。




最後はこちら

舐め犬の顔に思い切りまたがる女性





やっぱり顔面騎乗は圧巻ですね。


こんな風に思いっきり上に跨ってもらって

息もできないくらいにペロの顔にこすり付けて欲しいです。


何もしてないかと思ったら大間違い。


顔面を大きなお尻で覆われながら

必死でしっかりとお口でご奉仕しております。


神様、どうか死ぬときは顔面騎乗で窒息して死にますように・・・。



このブログではあなた様からのメッセージをお待ちしております。

ちょっとした感想から、クンニの相談まで

お気軽にお問合せ下さいね☆

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら

[ 2012/08/28 19:14 ] 舐め犬の妄想クンニ画像 | TB(0) | CM(4)

オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.6


クンニって、なんであんなに気持ちいいんでしょうね。


手マンや指マンでは決して得られることのない快感

ましてやオナニーなんかでは絶対に味わえない・・・。



ぬるぬるした唾液が付いた柔らかい舌で

クリトリスを刺激されてしまったら

それだけですぐに最高の快感を得ることが出来ます。



あまりセックス経験のない女性でさえも

クンニの快感の前ではみだらな娼婦と化します。



このブログを始めてみて多くの方から

メッセージを頂くようになりましたが

クンニ好きな女性って、やっぱり多いんですね。



逆に驚いたのがクンニをしたがらない男性が多いということ。



クンニをしてもらいたいのに相手がしてくれない

といった悩みを持つ女性は結構多いみたいです。



もし、あなたも同じような悩みを抱えている人だったら

このブログを読んで、少しでも鬱憤を晴らしてやってくださいな。







名古屋の舐め犬ペロのブログに

今日もお越しいただきありがとうございます。


このブログではあなた様からのメッセージをお待ちしております。

ちょっとした感想から、クンニの相談まで

お気軽にお問合せ下さいね☆

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら



さて、今回も前回の続きとなります。


前回の記事を読まれていない方は

読み飛ばしの無い様にお気を付け下さいね。

オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.1
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.2
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.3
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.4
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.5




それでは続きをどうぞ。
     ↓








プリっとしたロビリン様の見事なお尻。


白い桃のようなこのお尻を眺めていると

まるで大好物の料理が目の前に置いてあるかのように

口の中が唾液でいっぱいになります。



いや、冗談ではなく本当にペロはお尻が大好物なんですよね。


えっちなビデオを見てる時でもおっぱいよりも

お尻にいつも目がいってしまいます。


お尻が好きになったきっかけは特になくて

これもきっと物心ついた時からでしょうね。



一番古い記憶ですと

幼稚園児の時に女の子と一緒にカバの遊具に乗りながら

ペロの前に座っていたその女の子のお尻を

無我夢中で触っていたことを今でも覚えております。


エロに関しては幼少の頃から貪欲で、かなりマセていましたね。


その女の子もちょっとマセていたのか


「あなた、えっちな人でしょお?」


って言いながら気が済むまで触らせてくれました。



もしかしたら、その時の出来事がきっかけで

お尻好きになってしまったのかも知れません。


小さいころの経験ってかなり強烈に残りますからね。



そんな、大好物のお尻を目の前にしていると

ほんの少しご奉仕のことを忘れてしまうことがあります。



この時もロビリン様のお尻の割れ目にそっと顔を埋めて

お尻の匂いを思いっきりくんか、くんかしてしまいました。



《ああ、幸せ・・・・このまま埋もれていたい!!》



ご奉仕の前のちょっとしたブレイクタイムでございます。


強く鼻で息を吸うとアナルのやらしい匂いがしました。


すべすべしたお尻をしていても奥の方はジメジメしていて

やっぱり匂いがきつくなっちゃうんですよね。



このプリップリで可愛くて、やらしい匂いをしたお尻を

これから独り占めして舐めることが出来るのかと思うと

またまた、ペロのあそこが熱くなってきちゃいました。



ロビリン様は完全にうつ伏せになり

脚はちょっとだけ開いた姿勢になっております。



そのため、このままの状態ではロビリン様のアナルちゃんや

あまんちょ様にお会いすることはできません。


ただ、ここで手を使って無理やり面会をさせて頂くのは

おまんちょ様やアナルちゃんに大変失礼です。


変態紳士の名のもと、それだけはしてはいけません。



ロビリン様に命じられた通り、まずはしっかりと

太ももからお尻にかけてマッサージをするように舐めていきながら

リラックスした状態で自然とお会い出来るのを待つことにしました。



ひとまず、ひざの裏に舌を這わせ太ももの裏を通って

そのまま、脚とお尻の境目の溝まで舐め上げていきます。



ぺちょ・・・ぴちゃ・・・・ぺちょ・・・・。



太ももの裏側はこの日初めてペロの舌が触れたので

新鮮なしょっぱい味がしました。



ぴちゃ・・・ぴちゃ・・・・。



マッサージをするように少し強めに

舌全体を使って舐め上げていきます。


ひざの裏からお尻の下まで何度か往復すると

今度はそのプリっとしたお尻の上を通って

反対側の太ももへと向かいます。



ぴくっ・・・。



お尻の上をペロの舌が通った時

わずかにロビリン様の身体が反応したのが分かりました。



そして、反対側でもまた上下に何度も何度も

ねっとりと、しつこく・・・。


太ももの表面についた汗や汚れを

すべて舐め取ってしまうくらいのつもりで

ひざの裏からお尻の下までを丁寧に舐め上げていきます。



ぺちょ・・・ぴちゃ・・・・ぺちょ・・・・。



しだいに太ももからもしょっぱい味が無くなってきました。


そろそろ、大好物のお尻・・・

あの桃尻山をいただいてしまいましょう・・・。







次回の記事へと続く
[ 2012/08/29 12:36 ] ご奉仕日記 | TB(0) | CM(0)

舐め犬の妄想クンニ画像第二弾 ~舐め犬の喜ばせ方~


クンニされるのが大好きなあなたが

もし、ある日突然何でも言うことを聞く舐め犬を手に入れたら


あなたはどんなことを舐め犬にさせますか?



想像しただけでもかなり興奮してしまいますよね。



舐め犬は飼い主様が喜ぶことであれば何でも喜んでご奉仕いたします。


飼い主様が喜ぶ姿が大好きでその姿を見て興奮してしまうのです。


つまり、あなたが欲望に正直になればなるほど

使って頂いている舐め犬のことも喜ばすことになるのです。



さてと今日も少し一息入れて

画像コーナーを見てやってくださいな。
     ↓




これまでの記事をまだご覧になっていない方はこちら

オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.1
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.2
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.3
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.4
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.5
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.6



これから紹介する画像を参考にしながら

舐め犬を使う時の妄想でもしてみたらいかがでしょうか。




ではさっそくいきましょう。


まずはこれ

正面からのクンニで舐め犬にイカされてしまう女性


正面からのクンニで、俗にいう“オーソドックススタイル”


このスタイルだと飼い主様の気持ちよさそうなお顔を

拝見することができてすごく興奮しちゃいます。


飼い主様の呼吸や細かい反応をみることが出来るので

一番気持ちの良いタイミングでイカせることが出来ます。




お次はこちら

舐め犬に命令してクンニさせ続ける女性



舐め犬は一度舐めることを命令されたら

基本的に “まて!” の声がかかるまで舐め続けます。


あまりの気持ち良さに飼い主様が姿勢を崩されても

クンニをする口だけは飼い主様のご希望のところへ

しっかりとフィットし続けたままでございます。




お次はこちら

舐め犬に思い切り顔面騎乗してクンニさせる女性




言わずと知れた顔面騎乗ですね。


舐められて気持ち良くなってしまうと気持ちが高ぶって

こんなことをしてみたくなる衝動にかられませんか?


彼氏や旦那さんには申し訳なくて出来なくても

舐め犬にならどんなことをしてもOKなんです。


その行為であなたが喜ぶのであれば

何をされても舐め犬は喜んで受け入れ

どんな要望でも叶えようとします。




こちらも顔面騎乗ですね

舐め犬の顔に好きなだけアソコを押し付ける女性




先ほどと違うのは女性が一切の恥じらいを捨ててしまっているところです。


あー、こんな風にペロも跨ってもらいたいな・・・。




最後はこちら

舐め犬のクンニで気絶寸前の女性


画像では伝わりにくいですが

こちらは女性が絶頂を迎えられた後の状態でございます。


優秀な舐め犬は女性がイッたとしても、すぐに舐めることをやめません。


イッた後にすぐにお口を離してしまっては

せっかく得られた快感が台無しになってしまいます。


イッた後は、あまり刺激を与えないように、やさしく・・・ゆっくりと・・・。

呼吸が収まるまで、びちゃびちゃになってしまったアソコを拭き取ってあげます。


クンニでも後戯は大切なのです。





このブログではあなた様からのメッセージをお待ちしております。

ちょっとした感想から、クンニの相談まで

お気軽にお問合せ下さいね☆

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら

[ 2012/08/29 19:09 ] 舐め犬の妄想クンニ画像 | TB(0) | CM(0)

オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.7


舐めるだけで満足してしまう・・・。


そんな性癖をもって生まれてしまった

舐め犬と呼ばれる男性がいることを

あたなは知っていましたか?



このブログを読んでいただいているということは

もしかしたらすでに知っている方かもしれませんね。



もし今、自分の思うとおりに舐めてくれる

舐め犬を飼うことが出来たら・・・。


あなたは、どこをどんな風に舐めさせますか?



従順な舐め犬はあなたの求めることであれば

どんなことにだって応じてくれます。


舐め犬に舐められないところは無いですし

あなたが満足するまでエンドレスに舐め続けます。



舐め犬にとっての一番の幸せは

飼い主であるあなたに気持ち良くなってもらえること


そのためであればどんな風に使って頂いても構わないのです。


もし、そんな都合の良いおもちゃが欲しい方は

このブログでそのおもちゃの使い方を予習しちゃってくださいね。







名古屋の舐め犬ペロのブログに

今日もお越しいただきありがとうございます。


このブログではあなた様からのメッセージをお待ちしております。

ちょっとした感想から、クンニの相談まで

お気軽にお問合せ下さいね☆

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら



さて、今回も前回の続きとなります。


前回の記事を読まれていない方は

読み飛ばしの無い様にお気を付け下さいね。

オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.1
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.2
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.3
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.4
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.5
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.6



それでは続きをどうぞ。
     ↓








アナル周りは閉じてしまっているので

まずは両側のプリプリしたお尻のお肉から

丹念に舐め舐めマッサージです。



ちゃんとしたマッサージのように

お尻をしっかりと舌全体とお口でほぐしていきます。



べろべろ・・・ぺろんっ・・・ちゅっ・・ぺろっ・・・



ロビリン様のお尻を下から上へと強く舐め上げると

ぷりんっとお尻のお肉が跳ね返ってきました。



お尻の弾力が本当に半端なかったです!



ロビリン様のお尻にペロの唾液が付いていない

ところが無くなるまで舐め上げていくと


今度は舌やお口だけではなく

鼻やほっぺなど顔全体を使ってロビリン様のお尻を

一生懸命にほぐしていきました。


そして、たまにお尻の弾力を楽しむように

舌全体で勢いよく舐め上げてぷりんっと跳ね返ってくる

その弾力を楽しみました。



ロビリン様にとってお尻はそれほど感じる場所では無いようで

ペロにされるがまま・・・舐められるがまま・・・の状態で

静かにマンガを読み続けておられます。



ペロはそれを良いことに

ロビリン様のお尻を思う存分堪能させて頂きました。



たまにさりげなくお尻の割れ目に鼻先を突っ込んで

匂いを嗅いだのは言うまでもありません。



最高のお尻を目の前にしてしまい

ご奉仕のことをちょっとだけ忘れてしまいました。


ごめんなさい・・・ペロは舐め犬失格ですね・・・。



そんなことをしているといつの間にか

ペロの顔まで唾液だらけになっていました。



ロビリン様のお尻全体がほぐれてきたところで

今度はお尻の割れ目に舌を這わせていきます。



つぅーっと下から上へ、そして上から下へと

何度も何度も舌を這わせていきました。



さすがにお尻の割れ目は汗が残りやすいのか

とっても濃いお塩の味がします。


ここまで一所懸命にお口を使って舐めてきたペロも

汗をかいていたのでちょうど良い塩分補給です。



だんだんと舌先に力を入れて割れ目に差し込むように

舐めていくとある一定のところで苦い味がします。


ロビリン様のアナルがあと少しの距離に

あるのだということが分かりました。



そろそろお尻を舐め始めて40分くらいが経過していました。


お約束の30分間はとっくに過ぎてしまっております。



ロビリン様にそのことを伝えるように

さらに強く舌先に力を入れてお尻の割れ目を舐めていきました。


それでも中々開こうとしないお尻を攻略するために

ペロは両方のほっぺを使って、上手にお尻の肉をかき分け

さらに奥に舌先を差し込みます。



ぺろぺろ・・・・ぺろっ・・・。


ぺろぺろ・・・ぺろ(!?)




舌先にアナルのしわの感触がしました。







次回の記事へと続く
[ 2012/08/30 18:13 ] ご奉仕日記 | TB(0) | CM(0)

舐め犬の妄想クンニ画像第三弾 ~上手な舐め犬の飼い方~


ある日、あなたがいつものように仕事を終え

疲れ果てて家に帰ると、玄関の前にひとつの

大きな段ボールが置いてありました。


部屋に入り、段ボールに貼ってある伝票に書かれた送り主を見てみると

あなたが以前一度だけ利用したことがある

アダルトショップの通販会社からでした。


品名の欄には

“あなただけの舐め犬です。ご自由にお使いください”

とだけ書かれています。



あなたが恐る恐る段ボールを開けると

そこには首輪を着けて正座している一人の男がいました。








初めはとても驚いたあなたでしたが

それからというものこの舐め犬を毎日のように

使うようになりました。



時には・・・お風呂に入る前の汚れた身体を舐めさせ。


時には・・・好きな映画のDVDを見ながら舐めさせ。


時には・・・トイレの後、拭かないままウォシュレット代わりに舐めさせ。


いつも疲れ果てて家に帰るあなたにとって最高のストレス解消の道具でした。



突然そんな風に、自分の自由にできる舐め犬が出来たら

あなたはだったら舐め犬にどんなことをさせますか?



舐め犬はあなたの望むことになら何でも応え

忠実で決してはむかったり暴れたりしません。


彼氏がしてくれないことや、彼氏にできないことでも

舐め犬にだったらなんでもさせることが出来るんです。



あなたの要望には何でも応えるあなただけの舐め犬・・・


考えただけでも興奮しませんか?



さてと今日も少し一息入れて

画像コーナーを見てやってくださいな。
     ↓




これまでの記事をまだご覧になっていない方はこちら

オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.1
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.2
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.3
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.4
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.5
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.6
オタク女子大生ロビリン様へのご奉仕 Pert.7


これから紹介する画像を参考にしながら

舐め犬を使う時の妄想でもしてみたらいかがでしょうか。




ではさっそくいきましょう。



まずはこちら

ソファでテレビを見ながら舐め犬にクンニ奉仕させる女性

帰ってきたらまずはリラックスした状態で

テレビでも見ていたいですよね。


好きなテレビを見ながら下半身は舐め犬に奉仕させて

至れり尽くせりでお姫様気分も味わえます。


途中でぉしっこに行きたくなっても

舐め犬がそのままの状態で処理してくれますので

良いシーンの途中でもトイレに立つ必要がありません。




お次はこちら

舐め犬にまたがってストレス解消する女性



職場や学校でイヤなことがあったら

なんとかしてその気持ちをどこかにぶつけたいですよね。


そんな時、舐め犬にぶつけちゃってもOKなんです。


舐めて欲しいところを無理やり擦りつけちゃっても

あなただけの舐め犬は従順に従い続けます。



どんな無理強いにも応えつづける

あなただけの舐め犬なんですから。




お次はこちら

顔面騎乗で舐め犬をしつける女性



たまにはしつけも大事ですよね。

何か悪いことをしたら、しっかりとお仕置きをしておくのは

飼い主としての義務でもあります。


普通は舐め犬はとても忠実なので

悪いことをするはずは無いのですが

この際、理由なんて関係ありません。


とにかく、お仕置きしたくなったらお仕置きなんです。

理由なんて適当に作っちゃえばいいのです。




お次はこちら

舐め犬にクンニのおあずけを覚えさせる女性



飼い主のあなたが舐め犬のしつけのために

「まて!」を覚えさせているところですね。


テーブルの下に舐め犬を待機させて

あなたはわざと舐め犬に下着を見せつけています。


「まて!」が解けるまで舐め犬は忠実にあなたの指示を守り

決して動くことはありません。


あそこをギンギンに勃起させ

我慢汁でパンツの中がぬるぬるになってしまっていても


それでも、忠実にご指示を守ります。


良くできたら、必ず褒めてあげて

ご褒美にあなたのアソコを思う存分に

舐めさせてあげてくださいね。




最後はこちら

朝から舐め犬にまたがる女性



休日で予定の無い日は是非、朝から思う存分に

舐め犬を使ってあげてください。


どんな風に使おうがあなたの自由です。


あなたが満足する使い方であれば

舐め犬もからなず満足しているはずです。






このブログではあなた様からのメッセージをお待ちしております。

ちょっとした感想から、クンニの相談まで

お気軽にお問合せ下さいね☆

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら
[ 2012/08/31 19:56 ] 舐め犬の妄想クンニ画像 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。