FC2ブログ







家電量販店販売員のSioさんとの初回ご奉仕 Pert7


名古屋の舐め犬ペロのブログにお越し頂き

ありがとうございます。


このブログは舐め犬という特殊な性癖を持って生まれてしまったペロが

ご主人様へ一生懸命尽くした、涙あり、感動ありのドキュメントブログです。


舐め犬ペロのクンニに対する真っ直ぐな想い。

そして、女性に喜んで頂ける為なら惜しげもなく命をかける姿。

そんな従順な舐め犬の生態を体験談としてお届けしております。



つまり、クンニが大好きな

ただの変態犬ブログなのです。







このブログではあなた様からの感想や

質問などをいつでも募集しております。


ちょっとでも舐め犬に興味を持たれましたら

コメントやメッセージにてあなたの声を聞かせてください。


あなたのメッセージがペロにとって何よりも励みになります。

ペロへの相談はこちら

舐め犬のご用命はこちら



さて、本日も前回の記事の続きとなります。


読み飛ばしが無いように前回の記事もチェックしてくださいね。


Sioさんとの舐め犬日記1
Sioさんとの舐め犬日記2
Sioさんとの舐め犬日記3
Sioさんとの舐め犬日記4
Sioさんとの舐め犬日記5
Sioさんとの舐め犬日記6



それでは続きをどうぞ。



続きを読む前にポチっとブログの応援よろしくお願いします
⇒ 







ペロはアナルを舐めていると

なんとも言えない気持ちになります。


アナル・・・それは本来なら排泄物を出すための器官であって

それ以上でもそれ以下でもないはずです。


一般的な感覚の人にとっては人の身体の中で

最も汚いと認識されている部位です。


女性のそんな部位に自分の唇や舌が触れているなんて思うと

なんだかとてもいけないことをしているような感覚になり

何とも言えない興奮を覚えてしまうのです。



そして、アナルは普段生活をしている中では

いつも隠れた場所にあります。



たとえ、女性同士で温泉旅行に行った場合であっても

お風呂場で胸やアソコを恥ずかしげもなく晒す女性はいても

わざわざ、お尻を開いてアナルを晒す人なんていないと思います。


そんな女性の躰の中でも最も秘密にされている場所

その秘密の部位が目の前にあると思うだけで

ペロは死ぬほど興奮してしまうのです。



アナルはきっと多くの女性にとって

最も見られて恥ずかしい場所なのではないでしょうか。



そんな恥ずかしい身体の一部を

ペロの目の前にさらしてくれる女性に対して

ペロは特別な感情を抱いてしまいます。



《ああ、こんな恥ずかしい場所をこの人は惜しげもなく晒してくれている》



そう思うと、いとおしくてたまらなくなってしまうのです。



Sioさんはときどき全身をピクピクと痙攣させながら

今日会ったばかりのペロの目の前で

その大切なアナルを剥き出しにして晒し

そのアナルにペロの舌や唇が何度も何度も重なるのを

何も言わずに受け入れてくれています。。



ペロはその間、たっぷりとSioさんのアナルの味、匂いを堪能し

アナルの形や色、しわの感触まで覚えるほどに一生懸命尽くしました。


本当に・・・本当に幸せなひと時です。



アナルだけでなくお尻の割れ目もしっかりとお掃除をしていきます。


アナルの匂いや ぉしっこの匂いがしなくなるまで・・・

Sioさんの陰部でペロの舌が重なっていない場所はもう無くなりました。



最後に股間全体に付着したSioさんから出たおつゆと

ペロの唾液が混ざったものをしっかりとお口でキャッチして

お掃除タイム終了です。



『Sioさん、お掃除終わったよ。』


Sioさんに、お掃除完了のご報告。



「はぁ・・・はぁ・・・。」


「はぁ・・・すごかったぁ・・・。」



『ほんと?痛くなかった?』


「ううん、全然。こんなに、しつこく舐められたの初めてだよ」


『しつこいって(苦笑)、いやだった?』


「ううん。すごく良かった・・・。」


「なんか、こんなに一生懸命に舐めてくれて

       悪いなーって、思いながらも癒されたかも(笑)」



『今のは、お掃除タイムだからね。』


『これからが本当のご奉仕タイムだよ』


「そんなに続けて平気?・・・疲れてない?」


『全然、大丈夫。もっとSioさんを癒してあげたい・・・。』


「やったー、至れり尽くせりだね(笑)」


Sioさんがイタズラっぽく笑って言いました。


「じゃあ、あっちにいこっか・・・」


ソファに座ったままSioさんは手をペロに向かって差し出しました。


その手をしっかりと握り、ゆっくりとSioさんを立たせて

そのまま両手を繋ぎながらベッドへと移動しました。







次回の記事に続く
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[ 2012/08/08 10:11 ] ご奉仕日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nameinupero.blog.fc2.com/tb.php/10-2c84599e